Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ややこしい遺族年金を、FPがわかりやすく解説!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

遺族年金はややこしくて難しいと思われている方が多いようです。今回は、遺族年金について解説していきます。

遺族年金とは

遺族年金とは、年金(国民年金または厚生年金保険)の被保険者(または被保険者であった方)が亡くなったときに、遺族が受けることができる年金です。 国民年金の被保険者が亡くなった場合は「遺族基礎年金」を、厚生年金保険の被保険者が亡くなった場合は「遺族厚生年金」を受けることができます。以下では、それぞれの支給要件、対象者、支給額について詳しく見ていきます。

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、国民年金の被保険者(または被保険者であった期間が25年以上ある者)が死亡したとき、支給を受けられます。 遺族基礎年金を受けられるのは、(1)子のある配偶者(2)子のいずれかであり、いずれも死亡した者によって生計を維持されていたことが必要です。この場合の「子」とは、18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子、または20歳未満で障害年金の障害等級1級もしくは2級の子のことをいいます。 支給額は、78万1700円(年額)に「子の加算」があります。子の加算は、第1子と第2子はそれぞれ22万4900円、第3子以降はそれぞれ7万5000円が加算されます。 例えば、18歳未満の子どもが2人いた場合、支給額は78万1700円+22万4900円+22万4900円=123万1500円(年額)となります。

遺族厚生年金

遺族厚生年金は、厚生年金保険の被保険者(または被保険者であった期間が25年以上ある者)や1級・2級の障害厚生(共済)年金を受けられる者が死亡したとき、または厚生年金保険の被保険者期間中の傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡したとき、支給を受けられます。 遺族厚生年金を受けられる者には優先順位があり、上位から順に(1)配偶者または子(2)父母(3)孫(4)祖父母の順になります(厚生年金保険法第59条第2項)。いずれも死亡した者によって生計を維持されていたことが必要です。 それぞれの支給要件は以下のとおりです。

【関連記事】