Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『フード・ラック!食運』肉愛あふれるポスター解禁 主題歌はケツメイシ新曲

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 EXILE NAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)と女優の土屋太鳳がダブル主演を務める寺門ジモンの初監督映画『フード・ラック!食運』より、肉愛あふれるポスタービジュアルが解禁された。また主題歌はケツメイシの新曲「ヨクワラエ」に決まった。 【写真】『フード・ラック!食運』主題歌を担当するケツメイシ  本作は、“食運”を持つ奇跡の男が、母の突然の余命宣告をきっかけに、“母の味”を求めて食の旅に出る物語。“焼き肉”や“食”を通じて親子の愛と人生の悲喜こもごもを描く。芸能界屈指の食通として知られ、特に焼き肉に関しては自ら「家畜商」の免許を取得するほどの強いこだわりを持つ寺門が、実在する焼き肉の名店とコラボして作り上げた。NAOTOが奇跡の“食運”を持つ良人役、土屋が物語のキーパーソンとなる新人編集者・静香役を務める。  下町に店を構える人気焼き肉店「根岸苑」をひとり切り盛りする母・安江。ひとり息子・良人の毎日の楽しみは、母の手料理を食べることだった。ある事件がきっかけで店は閉店し、成長した良人は家を飛び出し、うだつがあがらないライターとして自堕落な生活を送っていた。ある日、グルメ情報サイトの立ち上げを任されることになった良人のもとに、疎遠になっていた母が倒れたとの知らせが入り…。  ポスタービジュアルは、劇中にも登場する完全取材拒否の名店「焼肉ジャンボ 白金」の全面協力のもと、監督自ら指揮を執り、肉の部位や厚み、切り方に至るまでこだわった渾身の超特大サイズの焼き肉が目を引くデザイン。主演を務めるEXILE NAOTO、土屋と共に肉の演技を披露したビジュアルとなった。  ケツメイシによる主題歌「ヨクワラエ」は、家族や友人との思い出を懐かしみ、そばにいる大切な人に感謝する気持ちが込められており、疎遠になっていた母とつながりのある人々との出会いを通して成長していく主人公・良人の気持ちに寄り添うようなハートウォーミングな楽曲となっている。  寺門監督ともかつてMVで縁のあったケツメイシは、監督の映画に対する熱い思いに感動し、「寺門ジモン初監督作品ならば、ぜひ応援したい!」と快諾。監督は2016年にケツメイシがリリースした「友よ~この先もずっと…」のMVにダチョウ倶楽部として出演しており、4年ぶりのタッグとなる。 ◆ケツメイシのコメント  今回主題歌の話をいただき、『押すなよ!押すなよ!』と思いながらも、勇気を出して熱々の肉汁に飛び込むような気持ちで、ジモンさんの初監督作品に楽曲を提供させていただきました! 映画同様、大切な誰かと焼肉が食べたくなるような曲になっていると思います。 ジモンさん!楽曲制作頑張りましたが、お中元のお肉がまだ届いておりません。ハンコはちゃんと玄関に用意されてはいるのですが…。 ケツメイシ一同  映画『フード・ラック!食運』は11月20日より全国公開。

【関連記事】