Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

星条旗を掲げたレアな護衛艦 先代「あきづき」とは? 日本で造って自衛隊が使ったのに…

配信

乗りものニュース

日本国内で建造されたアメリカ駆逐艦 名前は「あきづき」

 海上自衛隊が使用する護衛艦は、竣工から退役までのあいだ、日本国旗や自衛艦旗を掲げます。2020年現在、国産護衛艦については退役後に外国に供与された例がないため、他国旗を掲げた艦はありません。しかし過去には、アメリカ国旗を掲げた国産護衛艦がありました。どういう経緯でそうなったのか、その理由を紐解きます。 【写真】太平洋戦争で奮闘 旧日本海軍の駆逐艦「秋月」  海上自衛隊は1954(昭和29)年7月1日、それまで海上警備を担ってきた「警備隊」を母体にして発足しました。当初はアメリカ海軍から引き渡された各種の中古艦艇が主体でしたが、徐々に国産艦艇の数を増やしていきます。  しかし、当時の日本はようやく太平洋戦争による国内の荒廃から立ち直り始めたばかりで、防衛予算の規模は小さいものでした。そのため国産の新造護衛艦をそろえるにも限界がありました。  日本の海上防衛力を強化するため、アメリカ政府もまた、自国の中古艦艇を日本へ供与するのとは別に新たな一手を模索していました。そのなかで取られたのがOSP(域外調達)と呼ばれる手法です。  OSPは、アメリカが国外において自国予算で物品を調達する際にとられる手法です。すでにアメリカは朝鮮戦争において、アメリカ軍規格(ミルスペック)に準拠したトラックや各種資材などを日本で生産させ、それらをOSPで調達し自軍や韓国軍などに分配した実績があり、その手法を海上自衛隊の護衛艦にも用いようとしました。

造船所の竣工式典でアメリカ軍駆逐艦から海上自衛隊護衛艦に変身

 トラックなどはかなり厳格に米軍規格に合うことを求められ、部品などは互換性が要求されました。一部の車種についてはアメリカ本土に運ばれテストまで受けたほどです。  それに対し護衛艦の方は、計画から設計、建造まで日本独自に行ってよい、となりました。当初はアメリカ政府内にも、艦の設計についてはアメリカ海軍が関わった方がよいという意見もあったものの、最終的にすべて日本に一任するという異例の決定がなされたのです。  予算内であれば自由に設計できるということで、日本側は知恵を絞ります。その結果、「はるかぜ」型や「あやなみ」型といった従来の国産護衛艦よりも排水量で約3割大きくなった船体に、旗艦として運用可能な司令部設備を完備し、護衛艦として数々の新型装備も備えた、ある意味てんこ盛りの護衛艦となりました。  こうして1960(昭和35)年2月13日に引き渡されたのが「あきづき」です。同艦は前述したようにアメリカの国防予算で建造され、それを日本に供与するという形だったため、式典では国産護衛艦ながらアメリカ海軍の軍人も乗り込み、いったん星条旗を掲げたのち降ろし、新たに自衛隊員の手で自衛艦旗が掲げられるというステップが踏まれました。  ちなみに、このような経緯の艦であるため、書類の上ではアメリカ海軍駆逐艦の艦番号であるDD-960も付与されていました。  なお、同じようにOSPで建造された2番艦「てるづき」も約2週間後の2月29日に完成し、同様の流れを踏んで護衛艦に編入されています。

【関連記事】