Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

何度でも復活する“迷惑系YouTuber”元IT起業家が首をかしげる違反動画取り締まりの本気度

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 スーパーの店内で会計前の魚の切り身を食べるという悪質な行為を、自ら撮影し投稿した“迷惑YouTuber”原田将大容疑者(29)が逮捕された。会計前の魚の切り身を食べたことが窃盗罪に当たるという。会計前の商品は店側に占有権がある。原田容疑者がYouTubeで公開した動画に店側が気づき、警察に通報。逮捕となった。このように悪質な行為を投稿する人々のことを“迷惑系YouTuber”という。 【動画】何度でも復活する“迷惑系YouTuber”  数々のサービスを手掛けてきた元IT起業家で作家の関口舞氏は、「ネット上だと、どうしても再生回数がビジネスになってくるので、無害で目立たないコンテンツよりも、有害でも目立つコンテンツの方が、結局収益が上がってしまう構造になっている」という根本的な問題を指摘し、「言い方は悪いが、やったもの勝ち、炎上をあえて起こそうという人が増えてきている」状況を説明した。  迷惑系YouTuberにとってみれば、今回の逮捕ですらコンテンツになってしまう可能性がある。海外では、2017年にアメリカで惨事も起きた。YouTuberの女性が、分厚い本を持った交際男性に向けてピストルを発射。貫通せずに無事だった、という動画を撮るつもりが、誤って撃ち殺してしまったのだ。現在、その女性はインスタグラマーとして活躍しているという。

 元IT起業家として、開発側の思惑も分かる関口氏は、アカウントを停止されても何度も復活する迷惑系YouTuberに対して、サービス運営側についての疑問も持っている。「この方も何回もアカウントを停止されているようですが、結局は復活してYouTubeをやっている。YouTube側が、過激なYouTuberを本当に消したいと思っているのか」と疑問を呈した。さらに「世界中に過激系YouTuberはたくさんいて、すごく再生回数が多い。YouTube側にとっても相当な収益になっているはず」とも述べた。YouTube側では、違法動画を削除、アカウント停止などの対応をしているが、その本気度には首を傾げた。  全世界で利用者がいる巨大プラットフォームのYouTubeともなると、批判の方向が運営側になることも減るという。「小さいサービスだと、そこで問題や事件が起きると一発でアウト。お金もないし、裁判になっても戦えない。ところがサービスが一定基準を越えてプラットフォームになるほど、サービス側を責める人が少なくなってくる」と、利用者側への目が厳しくなることも起きるという。迷惑動画を公開する者だけでなく、運営側の対応についても注視する必要性を説いていた。 (ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

【関連記事】