Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【19日の天気】日田(大分)39℃予想 西日本では40℃に迫る猛暑続く 熱中症に厳重警戒

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーマップ

 きょう19日(水)も猛暑はおさまる気配がない。全国的に最高気温が30℃を超える予想で、特に、日田(大分)で39℃など西日本を中心に体温を超えるような危険な暑さが続く見込み。連日の暑さで疲れがたまり、熱中症のリスクがより高まっていると考えられる。きょうも、熱中症には厳重な警戒が必要だ。

九州から東北南部で猛暑日 特に西日本は危険な暑さ

 きょうは、北海道は雲が多く、午後から雨の降る所があるが、その他は全国的に晴れて、最高気温が30℃を超え、かなり厳しい残暑になりそうだ。九州から東北南部の広い範囲で最高気温が35℃を超える猛暑日になる所が多く、特に、西日本では、日田(大分)で39℃、京都・山口・人吉(熊本)などで38℃の予想で、きょうも40℃に迫るような危険な暑さの所がある見込み。

<19日の予想最高気温(前日差)> 札幌  31℃(+1℃) 真夏以上 仙台  32℃(+2℃) 真夏以上 東京  34℃(±0℃) 真夏以上 名古屋 35℃(-2℃) 真夏以上 大阪  37℃(±0℃) 真夏以上 福岡  35℃(±0℃) 真夏以上 那覇  34℃(±0℃) 真夏以上

昼夜を問わず 熱中症に厳重警戒

 きょうは、関東甲信地方を対象に今夏から先行実施されている熱中症警戒アラートが発表されている都県はないが、高温注意情報が東海から西日本・沖縄、東北や北海道の一部に発表されている。全国的に、熱中症には引き続き、厳重な警戒が必要だ。  また、暑さを冷ます役割もある夕立は、ほとんどない見込み。そのため、今夜にかけても気温が下がりにくく、関東から西日本では、熱帯夜の続く所が多くなりそうだ。  日中の活動だけでなく、夜間の就寝時にも熱中症になるおそれがあるため、冷房などを使用して涼しい環境を作り、就寝前の水分補給も心掛けたい。 (気象予報士・海老原美代子)

【関連記事】