Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スマホが視界に入ってるだけで練習効率「50%減」しちゃうかも!? メンタルコーチが教える集中力を保つたったひとつのシンプルな方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

在宅ワークでもゴルフ練習場でもその成果を左右するものは継続した集中力。プロも指導するメンタルトレーナー池努が、自宅やゴルフ場でしっかり集中するためのアイディアをご紹介してくれた。一体どうしたら集中力を持続できるのか?

集中力を奪うものの正体は?

さて、まずはあなたに質問ですが「自宅、ゴルフ練習場であなたの集中をさまたげている3つのものは何でしょうか?」少し考えてみてください。あなたの集中力を奪っているものは何でしょうか?おそらく現代人であれば共通の答えとして”スマホ”があげられるのではないでしょうか。 私たちは仕事、食事、掃除、ゴルフなど何かの作業の合間に、いつの間にかスマホをチェックしてしまっていますよね。LINEの返信、SNSのチェック、もう無意識にスマホの情報に触れてしまいます。あなたは1時間ゴルフの練習や仕事をするとしたら、その間に何回スマホを扱ってしまっているでしょうか? この「スマホが身近にある環境」があなたのゴルフや仕事の集中力、そして生産性をかなり奪っている可能性があります。 2017年にテキサス大学で行われた実験で研究チームは約500人の学生を次のように2つのチームに分け作業の指示をしました。 Aチームは目の前に電源を切ったスマホを置いた状態で単純作業をする。 Bチームはとスマホを視界から遠ざけた状態で単純作業をする そして、どちらのチームのほうが集中力が持続するかを確かめました。結果はAチームの集中力はBチームの半分しかありませんでした。たとえ、電源が切れているスマホでも目の前にそれを置いて作業することで集中力は大きく低下することがわかったのです。 研究チームは「スマホなどのデジタルデバイスが近くにあるだけで目の前の作業に使える認知のリソースは減少してしまう」といっています。スマホは現代人にとって必要不可欠なものである一方で私たちの集中力も奪っているものでもあるようなのです。 では、ここからゴルフの練習中や仕事中にどのようにスマホに触れにくい環境づくりをしていけばいいのかを考えてみましょう。私からのリクエストはとてもシンプルです。作業やゴルフの練習をするときはひと手間かけないとスマホを触れないような場所にスマホを置いてほしいのです。机で仕事をする場合は立たないと手にできない距離かつ視界に入らない場所に置く。

【関連記事】