Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“次女”の死を隠し“次男”を出産……旭川・乳児死体遺棄 両親の“特殊な子育て方針”

配信

文春オンライン

 小さな亡骸は、毛布に包まれ、庭の冷たい土中に埋められていた。死体遺棄容疑で北海道警に逮捕されたのは、旭川市の一軒家に住む“四児”の父母――京田陵(38)と麻理乃(36)。奇妙な事件はなぜ起きたのか。 【画像】逮捕された妻・麻理乃容疑者 ◆◆◆  発端は6月29日朝8時半頃、夫婦の長女(5)と長男(3)が、自宅から3キロ以上離れた道を、パジャマ姿で歩いていたことだ。旭川東署員が姉弟を保護し、自宅に送り届けた。  乳児を抱いて出てきた麻理乃は、その子を第三子にあたる“次女”と答えた。 「戸籍上は子供は3人で、2018年8月に生まれた次女は1歳10カ月のはず。ところが、自宅にいた子は明らかに生育が遅れているため、ネグレクトの疑いが生じた。姉弟が父に頬を叩かれたことがあるとも話したので、虐待を疑った署が2日後、児童相談所職員と一緒に京田家を再訪すると、思わぬ事実が判明した」(捜査関係者)  夫婦が“次女”と説明した乳児は、出生届の出されていない無戸籍の第四子、しかも“次男”だったのだ。 「次男の体重は約6000グラム。夫婦は出生届の性別を間違えたと釈明したが、上の子はその乳児を、次女とは別の男の子の名前で呼び、次女は『死んじゃった』と話した」(市の関係者)

庭から一部白骨化した次女の遺体が……

 夫婦の自供に基づき、庭から一部白骨化した次女の遺体が発見された。 「司法解剖の結果、死亡時期は1歳に満たない昨年7月頃。『気が付いたら死んでいた』とのことだが、頭部に損傷の痕があった。死亡経緯については夫婦で主張が食い違い、互いをかばいあっているようだ」(前出・捜査関係者)  幼子の死を隠蔽し、新たな命を替え玉にしようとした行為は悪質極まりない。  それが露見しなかったのは、京田家の子たちは病院ではなく自宅で生まれていたためだ。それも、バスタブなどに羊水と同じ塩分濃度のぬるま湯を張って行う「水中出産」だったという。  さらにこの夫婦には、特殊な子育て方針があった。 「頑なに子供を病院に連れて行かないんです。ワクチンさえ接種していなくて、上のお子さんのアトピーやアレルギーも放置された状態でした」(夫婦の知人)  実家は裕福だったようで、事件現場となった家は陵の父親が無借金で建てた築30年の一戸建て。父親はドラッグストアを展開する地元企業の元役員で、兄は医師をしているという。両親は札幌市内にマンションを購入し、すでに転居しているが、陵はここで小中高時代を過ごした。  中高の同級生らによれば、その人物評は「大人しくて真面目」、「勉強はできたが印象の薄い奴」。

【関連記事】