Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松本で「まつもと街なかジャズフェスティバル」 市内屋外5会場でジャズと大道芸

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 ジャズミュージシャンと大道芸人がパフォーマンスを繰り広げる「まつもと街なかジャズフェスティバル」が9月19日、松本市内の屋外5会場で初開催される。(松本経済新聞)  参加ミュージシャンは、「チャラン・ポ・ランタン」「HIBI★Chazz-K」「MIKE'S JAZZ QUARTET」「ココチキット」「OLD&NEW DREAM JAZZ ORCHESTRA」「なつかよ」「ブラックエレファンツ」「NAO&WAGAN brothers」の8組。それぞれ30分程度の演奏を行う。ライブ以外にも6組の大道芸人がパフォーマンスを披露する。  会場は全て野外で、松本駅前広場、花時計公園、信毎メディアガーデン、大手門枡形跡広場、松本城公園の5カ所。来場は県内在住者のみに限定し、会場では検温の実施や消毒液の設置、ソーシャルディスタンス確保などのコロナ対策のほか、熱中症対策も呼び掛ける。  出演は、2009(平成21)年から隔年で行っている「まつもと街なか大道芸」に参加したパフォーマーが中心。昨年9月に第6回を開催した後、ジャズフェスティバルの企画が持ち上がった。今年に入って本格的に準備を始めたが、コロナ禍で実施できるかどうか分からない状態に。国や県のイベント実施に関する指針を参考にしながら、ギリギリまで検討し、実施に踏み切った。  特に市内在住者を来場対象に想定し、告知や広報は8月末から開始した。市文化スポーツ部文化振興課の忠地裕志さんは「ジャズミュージシャンと大道芸のコラボはほかではなかなか見られないと思う。市民の皆さんが近場で楽しめるイベントになれば」と話す。  開催時間は12時~18時30分。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】