Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

108万人の自民党員の意見を反映させない総裁選びに異議あり 村上誠一郎衆院議員に聞く/村上誠一郎氏(衆院議員)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ビデオニュース・ドットコム

(C) ビデオニュース・ドットコム

(↑画像をクリックすると動画が再生されます。)  安倍首相の辞任を受けた自民党の新総裁選びは9月2日、菅義偉官房長官が正式に出馬表明し、岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長の3候補が出揃ったが、総裁選出の方法については党員の意見も反映させた「フルスペック」の総裁選ではなく、国会議員の意向に大きく左右される両院議員総会方式となった。総務会でこの決定に公然と異論を唱えた村上誠一郎衆院議員は、特定の候補にとって有利となる派閥主導の総裁選びについて新政権の正当性を揺るがす由々しき事態だと指摘する。なぜ自民党はそのような方法で後継総裁を選ぶことになったのか、その問題点はどこにあるのか、次の総理大臣がそのような形で決まってしまうことが現在の自民党のどのような体質を物語っているのかなどを村上議員にビデオニュース・ドットコムの神保哲生が聞いた。 【ビデオニュース・ドットコムについて】 ビデオニュース・ドットコムは真に公共的な報道のためには広告に依存しない経営基盤が不可欠との考えから、会員の皆様よりいただく視聴料によって運営されているニュース専門インターネット放送局です。 ----- (本記事はインターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』の番組紹介です。)