Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和歌山・串本町沖で130年前に沈没…トルコの軍艦エルトゥールル号 地元の漁師らが69人を救出 日本・トルコ友好の礎に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
読売テレビ

読売テレビ

130年前、和歌山県串本町の沖でトルコの軍艦・エルトゥールル号が沈没した事故の追悼式典が16日行われた。式典は当初、6月に開かれる予定でしたが新型コロナウイルスの感染拡大で延期され 参列者を地元・串本町の町長ら7人に限られた。130年前の9月16日、串本町の沖合で、トルコの軍艦エルトゥールル号が暴風雨で沈没し500人以上が死亡した。その際、地元の漁師たちが69人の乗組員を救出し、日本とトルコの友好の礎となっている。日本・トルコ協会総裁の三笠宮家の彬子さまとメルジャン駐日トルコ大使らはオンラインで参加し、犠牲者に追悼の祈りを捧げ、両国の更なる友好を誓った。

【関連記事】