Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

7月1日から始まるレジ袋有料化。いくらまでならレジ袋を買ってもいい?

配信

ファイナンシャルフィールド

2020年7月1日から、小売店でのレジ袋有料化が必須となります。既に有料化されているスーパーもありますので、既に日常的にマイバッグ(エコバッグ)を利用している人も多いですよね。 株式会社プラネット (所在地:東京都港区)は、レジ袋とマイバッグに関する意識調査を実施しましたので、結果を見ていきましょう。(※)

レジ袋有料化は7割が賛成。スーパーでは既にマイバッグを利用している女性が8割

レジ袋の有料化に賛成か反対かを尋ねると、「賛成」が35.3%、「どちらかといえば賛成」が37.9%と、あわせて7割以上が賛成だと回答しました。 無料を希望する人が多いと思いきや、圧倒的に賛成が多く、環境問題に理解があることがわかりました。男性より女性の方が、また年代が高いほど「賛成」が多くなっていました。 ふだん食料品や日用品の買い物時、買ったものを何に入れて持ち帰っているかを聞きました。「スーパー」での1位は「マイバッグ・エコバッグ」でした。 「マイバッグ・エコバッグ」は女性では30代以上すべての世代で8割以上が利用しているようです。スーパーによっては既にレジ袋が有料となっているところも多く、マイバッグを持っていくとポイントがついたりするので利用が浸透しているようです。 「ドラッグストア」「コンビニ」ではいずれも「無料のレジ袋」が1位でしたが、ドラッグストアが56.0%であるのに対し、コンビニでは73.3%と高い数字となりました。コンビニは外出時にふらっと立ち寄ることが多いので、マイバッグを持参していないのかもしれませんね。

マイバッグを使うきっかけは有料化。女性ではポイントや値引きにつられてマイバッグを使うようになった人が多い

次に、レジ袋有料化に反対する理由や気持ちを聞いたところ、1位は当たり前ですが「買い物のとき不便だから」(68.9%)でした。2位は「自宅のくず入れなどに気軽に使えなくなるから」(50.9%)ですが、女性の方が男性より15.7ポイントも上回りました。 女性はゴミ箱にあらかじめセットしておいたり生ゴミを捨てるときに使っている人が多いのではないでしょうか?3位は「無料だったものにお金がかかるのがいやだから」(44.6%)。タダだったものが有料になることに抵抗があるようです。 マイバッグ・エコバッグを使い始めた理由やきっかけを聞いたところ、1位「レジ袋が有料になったから」(56.4%)、2位「レジ袋の使用は環境汚染につながるから」(37.8%)となりました。 3位は「レジ袋を断ると特典が得られるから」(37.3%)となりましたが、女性では2位となっており、値引きやポイント付与が魅力でマイバッグを使うようになった人が多いことがわかりました。男性では4位となっており、特典はあまり刺さっていないことがわかります。

【関連記事】