Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

つかまる「SIM」の性能は!? 新登場の「SIM MAX-D」をテストした!

配信

みんなのゴルフダイジェスト

テーラーメイドのドライバーSIMシリーズから、人気のSIM MAXのつかまりを良くしたという「SIM MAX-D」ドライバーが発売された。その性能をたしかめるべく、従来品のSIM MAXとSIM MA-X Dをプロが試打比較した。

SIM MAXのつかまりを良くし、ミスヒットに強くした

これまでの「M4」や「M6」にもドローバイアス設計のDタイプは存在していたが、理由は定かではないが国内での販売はされていなかった。しかし「SIM」シリーズになって正式に「セレクトフィットストア」限定で販売されることになった。メーカーのリリースによるとフェース面積が大きくなり寛容性がアップ、ヒール側にウェートを配置することで重心距離を短くしつかまりを向上したという。 そこでテーラーメイドの「SIM MAX」と「SIM MAX-D」の2モデルを東京・新小岩のゴルフスタジオ「PGST」に持ち込み、プロゴルファー・堀口宜篤がそれぞれ5球ずつ打ち、計測器フライトスコープを使ってデータを取りつつ、性能を比較した。

堀口はヘッドスピード45m/sで試打。5球の平均計測結果をまとめた表が以下だ。データは左から飛距離、スピン量、打ち出し角、ミート率となる。 SIM MAX :285ヤード/2316rpm/15.1度/1.49 SIM MAX-D:290ヤード/2278rpm/13.4度/1.52 データを見るとSIMとSIM MAX-Dの飛距離の差は5ヤード。2モデルともスピン量は少なめだが、注目はミート率。ここでいうミート率とは、ヘッドスピードに対する初速の割合のことを表し1.52という数値は最大値といっていい数値だ。試打した堀口はいう。 「ボールが厚く当たる感触でしっかりとエネルギーが伝わっているように感じました。同じシャフトで試打しましたがSIM MAX-Dのほうがしっかりつかまってくれる。球が逃げてすっぽ抜ける感じがないので思い切り振れます。それでいてつかまりすぎる感じはしないので左に曲がる怖さがありません。強めの中弾道で飛んだので飛距離性能も期待できそうです」(堀口)

【関連記事】