Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「とにかく一軍の舞台で勝負したい」。カープのドラ2ルーキー・宇草孔基の現在地。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 初の春季キャンプでは一軍スタートを勝ち取り、紅白戦では本塁打をマークするなど、才能の片鱗を見せつけたカープのドラフト2位ルーキー・宇草孔基。荒削りながら、高い潜在能力を評価する声は多く、二軍でも2割台後半の打率をマークするなど、安定した活躍を見せている。 【写真】初々しい!18歳当時の堂林翔太選手!  「まだまだ課題はたくさんあります。いろいろ自分の中で試行錯誤はしていますが、やっぱり大きなバッターになっていきたいと思っています。センター返しは基本だと思いますが、正直もっと長打も打ちたいですし……全ての面で力を伸ばしていきたいですね」  二軍で多くの試合に起用され、順調なルーキーイヤーを過ごしているように見えるが、宇草自身の中で悠長に今季を過ごすつもりなど毛頭ない。あくまでも見据えるのは“上”の舞台だ。  「早く一軍に上がるためにやるだけだと思っています。課題がたくさんある中で、『昨日はこうだったから今日はこうやってみよう』とか、そうやっていろいろ試せているのは良いことだと思います。とにかく一軍の舞台で勝負したいので、どんどんアピールをしていきます」  今季のカープ一軍は、苦しい戦いを強いられているだけに、宇草にも一軍昇格のチャンスは十分にある。  「やっぱり年齢が近い選手の活躍は刺激になりますし、一軍の試合はいつも見ています。ただ焦ってもしょうがないと思いますし、気持ちをうまくコントロールして、課題と向き合いながら練習に取り組んでいきたいです」  ライバルたちへの対抗心を胸に秘め、背番号38は虎視淡々と一軍昇格の機会を伺っている。

【関連記事】