Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

RIZIN第1試合から大流血戦!“山本“KID”徳郁の愛弟子”矢地祐介が顔面流血で敗北し「また期待を裏切る結果になってしまった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

 27日、さいたまスーパーアリーナにて『Yogibo presents RIZIN.24』が開催。第1試合では矢地祐介vs大原樹里の試合が行われた。  矢地は山本“KID”徳郁の愛弟子としてKRAZY BEEに所属するお祭りファイター。8月の大会ではメインイベントに出場したが、ホベルト・サトシ・ソウザ相手に1RKO負けを喫していた。  今回はDEEPで活躍する大原相手に第1試合での出場となったが、第1試合とは思えぬ激しい打撃戦へ。  1Rで大原が右ミドルを効かせて膝蹴りを当てると、そのままマウントを取りパウンド連打。矢地の顔面から流血が見られリングが血に染まるが、矢地は下から三角絞めを仕掛けて時間切れまで粘る。  2Rは逆に矢地のパンチが顔面を捕らえ出血させると、3Rラストでは再度大原がパウンド連打の場面を見せるが時間切れに。  判定は2-1と割れたが大原の勝利となった。  連敗となった矢地は「ちょっと言葉が出てこないっすね……ホント。何もかもに落胆していると言うか、とにかく、悔しいですね……どんなに僕が上手く行かなくても、ホント皆さん懲りずに応援していただいてて『次こそはみんなに喜んでもらいたい』って思いで闘ってるんですけど、そこでまた期待を裏切る結果になってしまって。すごく申し訳ない気持ちと、悔しい気持ちでいっぱいです」と意気消沈しながら語る。  大原は「無意識にずっとパウンド打ってた。夢見心地ですね。やっと……結構大舞台でやることもあったんですけど、やっと勝てた」とRIZIN初参戦での勝利に笑顔で答えた。

【関連記事】