Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乳がん公表の栗原友さん「4歳の娘と親友たちに支えられた闘病記」|VERY

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
magacol

VERY10月号に掲載されている、栗原友さんインタビュー「私ががんになった時、娘は4歳だった」。今年5月乳がんによる両胸切除を公表した料理家の栗原友さんを取材したのは、長年の友人でもあるライターの櫻井裕美さん。本誌では栗原さんに寄り添う形の記事になっていますが、VERYウェブでは、櫻井さんの視点を通じて「親友ががんになったら」について記事を書いてもらいました。

前回のマンモグラフィが問題なく“それなら大丈夫か”と1年乳がん検診を休んでしまった

友さんから病気を知らされた日のことは、はっきりと覚えている。2019年の6月初旬のこと。彼女は料理家で、私はライター。お互い仕事のスケジュールが流動的ということもあり、遊ぶ予定はいつも突発的に決まる。その日の朝も、久しぶりにゆとりのありそうなスケジュールに、私は友さん親子に会いたくなって「ご飯しようよ」とLINE。残念ながら予定が合わず、いつなら平気?とスケジュールのすり合わせるなかで「実は来月、入院するのよ」と友さん。仕事関係の人たちにまだ公表していないから内緒にしてほしい、と前置きをされたうえで「私、がんになっちゃった」と教えてくれた。 数日後にノンアルコールビールを手土産に、友さんの自宅へ。いつもはお互い子連れで会うけれど、このときは子供を寝かしてからふたりで話そうということになり、夜遅めの時間にお邪魔することになった。彼女ががんに気づいたのは、同年の4月。海外旅行に出かけた際、プールで日焼けオイルを塗っているときに、左胸に指でしっかり触れるほどのしこりを確認。その瞬間「がんだ」と悟ったという。「前年の人間ドッグでマンモグラフィが問題なかったし、費用も安くないから“今年はやらなくてもいいか”と、1年休んでしまったんだ」。ダイニングテーブルの端には書類の山があり「ぜんぶ検査結果の書類だよ」と、その書類を見せてくれながら病状と自身の決断についての話をしてくれた。

検査結果は、乳がんステージII。悪性度の高いHBOCの結果をうけてリスクを減らすため、両胸切除を決断

友さんの診断結果は、乳がんのステージII。LINEでやり取りしている段階では、CTでリンパへの転移を確認するとのことで、実はすごく心配しながら会いに行ったのだが、幸いにもリンパへの転移はなかったとのこと。でも、患部の組織をとって行う検査で、乳がんのなかでも再発の可能性が高く、悪性度も高いトリプルネガティブという種類ということが判明。トリプルネガティブの場合、乳癌や卵巣癌を発症しやすい遺伝子変異のあるHBOC である可能性が高いと医師から知らされ、友ちゃんは遺伝子検査も受けたという。HBOCは乳癌の発症リスクは最大で9割、卵巣癌は6割。検査結果は、願いも虚しくHBOC。「がんの見つかった左胸だけでなく、右胸も予防切除することにした」という決断を聞かされた。私だったらどうするだろうと考えると、正直何も意見がなかったわけではない。でも、彼女の話を聞いて、他意なくその決断を賛成、応援することにした。「朝は、まだ4歳。死ぬわけにはいかない。一緒に行きたいところ、私自身がしたいことも山ほどあるのに、闘病を繰り返すのも絶対に嫌。そこに人生を奪われたくないと思った。それにリスクがあるのを知りながら、忘れたふりをして楽しく生活なんてできないよね」。やりたいことを諦めずに、楽しく生きるための彼女らしいポジティブな結論だと思った。7月に行われた手術の結果、予防のために切除した右胸からも癌が発見された。この10月には、新型コロナウィルスの感染状況を見ながらではあるが、卵巣の予防切除の手術も行う予定という。

【関連記事】

最終更新:
magacol