Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本当についていって大丈夫?自己保身に走る頼りない先輩がよくとる5つの行動

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Suits-woman.jp

「この人のいうことを聞いていて、本当に大丈夫なのかな……」 転職や部署異動で新しい先輩につくことになった人の中には、こう思っている人もいるかもしれません。 周りの人間を振り回し疲弊させ、ネガティブな気持ちにさせる人っていますよね。堅実女子の職場にも一人や二人、こういう人がいるのではないでしょうか。言うことなすことが支離滅裂、考えていることは自己保身だけの人。 今回は、ついていけるか不安にさせ、頼りなく思わせる人の5つの行動を挙げてみます。自分が先輩の立場にいる人は要チェックです!

1. 責任をとらない「あの時、言ったよね?」

後輩指導は先輩社員の仕事のひとつ。後輩のミスの責任をとらされることだってあります。ミスの内容によっては、「どうして私が!」と思わず言いたくなることだってあるでしょう。この「どうして私が」「私は悪くない」気持ちが大きくなると、そのことを周囲にアピールするために「あの時、言ったよね?」発言につながります。 しかし、これは仕事です。感情だけをぶつけるのではなく、ミスの原因や今後の対応策を後輩と一緒に考え、二度と同じようなことが起こらないようフォローするのが、先輩としての責任です。結果的にあなたの上司や周りの人たちからの評価を得ることにもつながるのだという、長期的な視点を持てないのでしょう。 「あの時、言ったよね?」は言い方によっては、時に後輩の逃げ場をふさぎ、精神的に追い詰めることになりかねません。

2.愚痴しか言わない「個人的には、あの企画は微妙だと思うけど」

自分の知識や経験を伝えながら、後輩たちが一人前に活躍できるようフォローするのが先輩としての大きな仕事。しかし、「自分だけが目立ちたい」マウンティング気質のある人もいます。このタイプの人は、後輩の手柄を横取りしたり、わざと足を引っ張ったりするのです。 また、他の人が評価されているのを良しとしないのもこのタイプ。周りがどんなに後輩の企画を絶賛していても、「個人的には、あの企画は微妙だと思うけど」と相手を落とすことを忘れません。しかし、どこが良くないのか、どう改善すれば良いのかといった具体的な案は出せないため、愚痴にしか聞こえないのです。

【関連記事】