Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロバート・ダウニーJr.製作で人気法廷ドラマがよみがえる HBO『ペリー・メイスン』予告公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ぴあ

E・S・ガードナーによる推理小説をベースに、往年の人気TVドラマ『弁護士ペリー・メイスン』を、ロバート・ダウニーJr.とHBOが新しいキャラクター像で一新した『ペリー・メイスン』が、9月18日(金)よりAmazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA&CLASSICS-」にて配信されることが決定。あわせて予告編が公開された。 『ペリー・メイスン』は、オリジナルでは描かれることのなかったペリー・メイスンの知られざる過去を描くクライム・ノワールドラマ。“チーム・ダウニー”ことロバート・ダウニーJr.と妻のスーザン・ダウニーが10年ほど温めていたプロジェクトを、遂にHBOとタッグを組んだ企画だ。 当初は映画化の噂があったものの、『L.A.コンフィデンシャル』でも描かれたように、検察や警察など市当局が腐敗していた1930年初頭のロサンゼルスを舞台に、より様々な要素を深く描けるようにと、敢えてTVシリーズ化を決断したという。 『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』をはじめ、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』や『 ゲーム・オブ・スローンズ』など、HBOを代表する大ヒット作を手がけてきたクリエイターが集結。この度公開された予告映像では、ノワール調のスタイリッシュな演出とともに、当時のロサンゼルスの街並みがリアルに再現されていることが分かる。 今回のペリー・メイスンは、かつて名優レイモンド・バーが演じた敏腕弁護士像とは違い、私立探偵としてその日の生計を立てるだけで精一杯というギリギリの生活をしているバツイチの男。リスキーな調査もすれば、検死官に金を握らせて情報を得たりとダーティーな仕事もする。ヨーロッパ戦線への従軍経験からのトラウマや、離婚で離れ離れになった息子との関係などオリジナルでは描かれなかったメイスンの人となりや弁護士になった経緯など、彼の起源が、クライム・ノワールの雰囲気たっぷりに描かれる。 また、事務所の女性秘書デラは、キャリア志向で最後まで被告人を守ろうとする強い女性像に一新され、オリジナルでペリーの片腕として活躍した白人私立探偵ポール・ドレイクは、本作では白人刑事に虐げられる黒人警官として登場するなど、物語によりリアリティや多様性を盛り込みたいというチーム・ダウニーの強い意向が感じられる。 ロバート・ダウニーJr.らが主役に指名したのは『ジ・アメリカンズ』のマシュー・リス。『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』のタチアナ・マズラニーが演じるのは、1930年当時実在したカリスマ福音伝道師エイミー・センプル・マクファーソンをモデルにしたキャラクター、シスター・アリス。ほかに、『ザ・クラウン』のジョン・リスゴーなどのキャストが出演している。 ●ロバート・ダウニーJr. コメント 我々はペリーを、トラウマを抱えた人間として描きたかったんです。第一次世界大戦が終わっても、彼は暗い過去を忘れることができずにいます。戦時中と同じような出来事が繰り返されるなかで、ペリーは「戦時中の出来事に打ち勝つことはできなかったが、今度こそは最後まで戦い抜こう」と決意するのです。

【関連記事】

最終更新:
ぴあ