Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松島幸太朗がフランス移籍へ抱負 「CTBでもプレーして自分の幅を広げていきたい」

配信

中日スポーツ

 ラグビー日本代表で、今年からフランスリーグのクレルモン・オーヴェルニュに移籍する松島幸太朗(27)が、サントリーとの契約終了を受けて1日、移籍に向けた談話を公開した。  当初は3月末のトップリーグ試合の際に会見する予定だったが、コロナ感染に伴うシーズン中断により延期。情勢を考慮し、インタビュー映像をメディアに配信、要旨をサントリーのHPで公開したもの。松島は移籍先にクレルモンを選んだ理由を「チームとして温かく迎え入れると聞いた」と説明した。  フランスの各チームのカラーについては、フランスで経験のあるマット・ギタウに印象を聞いて参考にしたといい、日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチには自分から連絡。同HCからは「良い判断だ。フランスに行ってからもコミュニケーションしていこう」と言われたそうだ。  フランスでは、23年W杯が開かれるが「19年W杯後は完全燃焼した感じがあったので、あまり意識せず徐々にターゲットにしていきたい。できればCTBでもプレーして、自分の幅を広げていきたい」と話し、「いろんな舞台でラグビーをしてきて積み上げがあるので自信はある。スターティングで出られるような信頼を勝ち取って、しっかり試合に出続けたい」と意欲を見せた。

【関連記事】