Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「鬼滅の刃」や「Fate」の“ufotable”作品 あなたが一番好きな作品は?【作品解説付き】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 綺麗な作画や特殊効果によって作り上げられる映像が高い評価を得ている「ufotable」。最近では大人気漫画『鬼滅の刃』のアニメ化で大きな注目を集め、人気ゲーム「Fate/stay night」の劇場版「Fate/stay night 」の完結編が公開されました。 【画像:ランキング10位~1位を見る】  いくつもの人気シリーズを世に出してきた「ufotable」の中で、最も人気のある作品はどれなのでしょうか?  それでは、注目作品をいくつかピックアップして紹介していきます。

●「Fate」シリーズ

 2011年に放送されたテレビアニメ「Fate/Zero」、2014年に放送されたテレビアニメ「Fate/stay night」、2017年から全3章で放映された劇場アニメ「Fate/stay night」の3作品があります。 ◆Fate/Zero  「Fate/Zero」は「Fate/stay night」の前日譚を描いた小説『Fate/Zero』をアニメ化した作品です。「魔法少女まどか☆マギカ」で知られる虚淵玄さんによる原作小説のアニメ化ということもあり、放送前から多くのアニメファンが注目。その期待を上回る完成度で大ヒットしました。  本編の主人公・衛宮士郎の義父である衛宮切嗣のストーリーで、第4次聖杯戦争が舞台となっています。虚淵玄さんらしいハードボイルドな作風とFateシリーズの世界観がマッチしていて、残酷な結末にもたくさんの反響がありました。 ◆「Fate/stay night」2作品  PCゲームが原作である「Fate/stay night」の2作品は、が凛ルート、が桜ルートを描いた作品です。これらは原作の第2章と第3章にあたり、アーチャーや士郎の秘密が明らかになるが第2章、本作の完結編ともいえるが第3章となっています。

●鬼滅の刃

 もう説明不要かもしれないほどの人気作品である「鬼滅の刃」。2019年にテレビアニメが放送され、それとともに原作の売上も急激に上昇。人気上昇のなかで完結した原作も大きな話題となっています。  大正時代が舞台の人を食う鬼と、その鬼を狩る鬼滅隊の話で、家族を鬼に襲われた竈門炭治郎と、鬼になってしまいましたが決して人を食べない炭治郎の妹・禰豆子が主人公。特にテレビアニメ19話の評価が高く、炭治郎が水の呼吸ではなく「ヒノカミ神楽」で戦う映像が多くの人を感動させました。  10月には劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」が上映予定です!

【関連記事】