Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

V2ロケットとジャガイモの意外な関係 WW2期ドイツ製「弾道ミサイルの祖」失速のワケ

配信

乗りものニュース

驚異の新兵器とジャガイモ…?

「ジャガイモでフルコース料理ができなければ女性はお嫁にいけない」ともいわれているほど、ジャガイモはドイツ料理に必須の食材です。日本では、そのままネーミングされたようなジャーマンポテトは定番料理ですが、正確にはドイツ料理ではないそうです。 【写真】V2は兵器として実際どの程度だったのか ロンドン側の被害の状況 ほか  ジャガイモは、第2次世界大戦中にロンドン市民を恐れさせた、ある兵器と関係があります。それは、現代のロケットやミサイルの元祖になったドイツの弾道ミサイル「A4」です。「A4」とは「Aggregat(アグリガット)4」の略で、訳すと「集合体4号」というそっけないものですが、のちに広く喧伝された「V2」の名称で有名です。

最初ヒトラーは無関心だった弾道ミサイル「集合体4号」

 ヒトラーの新兵器好きは有名で、新型の飛行機や戦車などを見せられると子どものように興味を示して、活発に質問したそうです。ところが1939(昭和14)年3月23日に、クンメンスドルフ陸軍兵器実験場で初めてロケットの燃焼実験に立ち会ったところ、ひと言の質問も発しませんでした。兵器としての可能性を疑っていたようで、ほとんど無関心な様子だったそうです。開発者フォン・ブラウンの最終目標が宇宙旅行であり、兵器の形をしているのは宇宙ロケットへの通過点に過ぎないという本質を見抜いていたのかもしれません。  ヒトラーがロケットの兵器としての有効性を認識したのは、1943年(昭和18年)7月7日にA4の発射実験のカラー映画を観てからです。大変興奮し、「このような兵器に人類は耐えることはできないであろう」という感想を述べています。  悪化しつつある戦局を逆転できる決戦兵器としてA4の採用を決め、宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスは、無味乾燥だった集合体4号に宣伝効果を狙って、「報復兵器第2号」を意味する「V2(Vergeltungswaffe 2)」と命名します。

突如飛来 迎撃不可…V2は決戦兵器たりえたのか

 ロケットは空軍管轄のようですが、遠方に火力を投射する大砲の延長線ということで、陸軍管轄とされています。  1944(昭和19)年9月7日、陸軍砲兵第444中隊が史上初めて弾道ミサイルV2をパリに向けて発射しました。しかし発射された2発はいずれも途中で墜落してしまいます。第444中隊は9月8日に再びV2を発射、パリ郊外に着弾しますが、ほとんど被害はありませんでした。  そして同じ9月8日、第485砲兵大隊がロンドンに向けて2発を発射、市街に着弾して死者3名、重軽傷18名の被害を出しています。しかしV2の命中精度は悪く、ロンドン市街地のどこかに着弾すればめっけものというレベルでした。それでも超音速で前触れもなく飛来し、迎撃不可能なV2に、ロンドン市民は多大な不安にさらされます。弾道ミサイルが心理的兵器と呼ばれる所以です。  弾道ミサイルを食い止めるには、発射される前に破壊するのが最も確実ですが、V2は工夫を凝らした移動発射式だったため、制空権を確保していた連合軍でも発射前に捕捉して攻撃するのは困難でした。発射時の長く伸びる白煙は上空から目立つのですが、発射点に攻撃機が到達するころには、部隊は移動してしまっています。実際に発射準備中に空爆を受けたという記録はありません。  生産工場も、ドイツ中部のテューリンゲン州ノルトハウゼン近郊の岩塩採掘抗内に設けられており、爆撃では破壊できません。連合軍にとって、V2を防ぐ有効な手立てはありませんでした。  まさに「人類は耐えることはできない」決戦兵器に思えますが、その後V2は急速に失速してしまいます。原因はジャガイモでした。

【関連記事】