Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「怺える」の読み方は?「ながらえる」じゃなくて、超おなじみの言葉です!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CanCam.jp

よく知っているはずの日本語でも、漢字で書かれると「全然読めない!」と思うこと、ありませんか? 「ぎょざがた」じゃないよ。「御座形」って読める?意味わかる? たとえば、友達との会話にも出てくる「態と」「燥ぐ」。 食卓でおなじみの「御田」「巻繊汁」など。 そんな「知っているのに読めない」日本語クイズ、本日のお題はこちらです!

「怺える」。 この日本語も、ひらがなで書けばおなじみの言葉なのですが、いったいなんと読むのでしょうか? ちなみに、「えいえる」でも「ながらえる」でもありません。 ……と、これだけではちょっと手がかりが少なすぎるので、ヒントとして言葉の意味を調べてみましょう。 小学館デジタル大辞泉によると、「怺える」の意味は次のとおりです。 (1)苦しみなどに、耐えてがまんする。しんぼうする。 (2)感情などを、抑えて外にあらわさない。 (3)外から加えられる力にたえる。もちこたえる。 (4)堪忍する。許す。 会話や文章で使われるときは、 「痛みを怺える」 「笑いを怺える」 といったふうに使われます。 「怺える」の読み方、ピンと来ましたか? では正解を見てみましょう!

正解はこちら!

「怺える」の読み方、正解は「こらえる」でした。 漢字で書かれるときは「堪える」のほうがよく知られているかもしれません。同じ意味・読み方の言葉が複数の漢字を持っているなんて、日本語ってやっぱり奥が深いです。 みなさんが日常で使っている言葉にも、複数の漢字を持つ言葉がまだまだたくさんあるんです♪ 気になる人はチェックしてみてくださいね!

【関連記事】