Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

天皇と雅子皇后はなぜ沈黙しているのか〈コロナ禍で見えてきた「平成流」と「令和流」の“違い”〉/原武史――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン
天皇と雅子皇后はなぜ沈黙しているのか〈コロナ禍で見えてきた「平成流」と「令和流」の“違い”〉/原武史――文藝春秋特選記事【全文公開】

天皇皇后両陛下 (c)時事通信社

「自衛隊、警察、消防、海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々、諸外国から救援のために来日した人々、国内の様々な救援組織に属する人々が、余震の続く危険な状況の中で、日夜救援活動を進めている努力に感謝し、その労を深くねぎらいたく思います」  2011年3月16日、東日本大震災の発生からわずか5日後に天皇(現・上皇)は約6分間に及ぶ異例のビデオメッセージを出しました。未曽有の大災害に動揺する国民に直接語りかけたのです。あの時の天皇の「おことば」に励まされた人も多かったのではないでしょうか。  一方、このコロナ禍において、昨年5月に即位した今上天皇は、今のところ、国民に広く語りかけるメッセージを出しておらず「沈黙」を保っています(6月27日現在)。  世界を見渡すと、各国の王室はヨーロッパを中心として、東日本大震災の時の天皇のようなメッセージを出しています。  イギリスのエリザベス女王は、4月5日に国民向けのテレビ演説を行いました。女王は、 「全ての人がこの困難にどのように立ち向かったかを、誇れる日が来ると信じている。後世の人は、この世代の英国人が一番強かったと言うだろう」  と呼びかけました。女王がテレビ演説をするのは極めて異例で、即位から70年近い歴史の中で、故ダイアナ妃の死後や湾岸戦争時など、これまで4回だけだそうです。  また、日本の皇室とも関係が深いオランダのウィレム・アレクサンダー国王も3月20日にテレビやインターネットを通じて国民へのメッセージを伝えるなど、感染拡大の猛威にさらされた国々の「王室の言葉」が、自国民への励ましになったのは間違いないでしょう。  私自身は、ビデオメッセージが持つ「政治性」に関して、批判的に検証している立場です。ですから、日本の皇室もまたヨーロッパの王室と同じように国民へのメッセージを出さなければならない、などと言うつもりはありません。  しかし、天皇がひとたびそうしたメッセージを出せば、イギリスやオランダと同じように、国民は励まされ、歓迎する空気が生まれるのも間違いありません。その意味で、天皇の「おことば」を求める声が高まれば、例えば即位から1年になる5月1日にメッセージを出す可能性があるのではないか。4月下旬の雑誌の取材で、私はそう答えました。  この予測は外れましたが、「沈黙」が続く現状に対して、前の天皇の退位を巡る政府の有識者会議で座長代理を務めた政治学者の御厨貴氏は5月1日の毎日新聞の取材で、次のように述べています。 「陛下は誕生日を前にした記者会見などを通じて事態を深く憂慮し、国民生活を案じていることを表明した。しかし、国難とも言える状況だ。ビデオメッセージのような、より強い方法で発信してもよかったのではないか」  天皇の誕生日は2月23日。その後、3月、4月、5月、6月と「沈黙」が続きました。いまなお平成の天皇・皇后の記憶が脳裏に色濃く残る人たちにとって、御厨氏の言葉は本音を代弁したものに映ったに違いありません。

本文:7,130文字

写真:4
  • 東日本大震災時のビデオメッセージ
  • 原武史氏(放送大学教授) (c)文藝春秋
  • ご進講を受ける天皇・皇后

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

原 武史/文藝春秋 2020年8月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます