Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

祖国で国民的アイドルに ミャンマー出身の森崎ウィンさん 10歳で日本に移住、エンタメでPR

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 2011年の民政移管以降、経済成長が著しいミャンマー。「アジア最後のフロンティア」とも呼ばれるこの国で、俳優で歌手の森崎ウィンさん(29)の人気がすさまじい。  「森崎」は芸名で、ミャンマーの出身。昨年公開の米ハリウッド映画「レディ・プレイヤー1」(スティーブン・スピルバーグ監督)で主人公を支える日本人役に抜てきされ、恩田陸さんのベストセラー小説を映画化した「蜜蜂と遠雷」での演技も評判を呼んだ。  10歳の時、日本に移り住み、14歳で芸能界入りし、ダンス・ボーカルグループに加わった。その後、祖国にも活躍の場を広げ、今ではミャンマーの国民的アイドルと呼ばれる。「エンターテインメントを通じてミャンマーをPRしたい」。その目は常に世界を見据えている。  声援が飛ぶ中、ステージで熱唱する。投げたタオルをファンの女性がこぞって奪い合う。日系企業を中心にCM出演が相次ぎ、自身の名を冠したバラエティー番組「ウィンズ・ショータイム」も好評。来年2月から始まるミャンマー初の連続ドラマでは主演の1人に選ばれた。歌にダンスに演技―。ミャンマーでの人気は絶大だ。

 若い女性だけなく、ファン層は幅広い。カウン・ミャ・トゥ君(5)は「日本から来たんだよね。歌がうまいのが好き」。主婦のヌー・セインさん(62)は「とても素朴で素直な感じ」と魅力を語る。土曜の夜は必ず「ウィンズ・ショータイム」にチャンネルを合わせる。少し幼く、あどけなさが残るビルマ語が逆に新鮮に映るという。  森崎さんの両親は東京へ出稼ぎに行った。自身はミャンマー最大都市のヤンゴンに残り、英語教師だった祖母に育てられていたが、弟が生まれたのをきっかけに日本で暮らすことに。一年中温暖なミャンマーと比べ、四季がある日本の気候に慣れなかった。冬の乾燥は耐え難く、くちびるがかさかさになって苦労した。言葉も全く分からなかった。何よりもショックだったのは、小学4年で転入した学校の同級生が誰一人としてミャンマーの国名すら知らないことだった。  いじめられたこともあった。休み時間にサッカーをすると決まってキーパーをやらされ、ゴールを許すと上級生に殴られた。一方で「ウィンは日本語が分からないんだ」と言って、いじめを止める友達も現れた。「周りに助けられた。自分を受け入れてくれた」と振り返る。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS