Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鳥浜貝塚のくし、漆器間近 小浜・福井県立若狭歴博

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県若狭町の鳥浜貝塚から出土した縄文時代前期のくし2点、木製漆器1点(いずれも国重要文化財)が27日まで、小浜市の県立若狭歴史博物館で展示されている。  ヤブツバキの木地に3層の漆が塗られた長さ8・9センチ、幅7・8センチの赤色のくしは、上部の左右に角のような大きな突起がある。約6100年前に作られた。  もう一方のくしは、それよりも少し後の時期で、長さ9・9センチ、幅6・2センチの動物の骨製。くし歯の削り出しが1本しか終わっていないことなどから未完成品という。  2層の漆が塗られたヤマザクラの板を加工した漆器は、複雑な形で用途不明。長さ17・6センチ、幅9・5センチで、下部には意図的に開けられた穴が四つほどあり、ひものような模様が描かれている。骨製のくしと同時期に作られた。  展示は午前9時~午後5時。一般310円。高校生以下、70歳以上無料。期間中は14日が休館日。

【関連記事】