Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

審判突き飛ばし MMA選手の“逆ギレ失格”に批判噴出「無礼極まりない」「追放願う」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

注意受けたMMA選手が逆上、海外ファン「レフェリーが逆ギレに乗らず良かった」

 米国の総合格闘技「MMA」で選手がレフェリーに拳を向けるシーンが注目を浴びている。7月31日にUAEのアブダビで行われたアフメド・アルダルマキとボグダン・キリレンコ(ともにUAE)によるフェザー級の一戦。レフェリーストップを無視したアルダルマキが注意を受けると、レフェリーに掴みかかった。英記者らが動画を公開すると、海外ファンから「ルールや安全が頭にないんだ」「追放願う」「愚か者」と反響が集まっている。 【動画】「追放願う」「愚か者」と海外辛辣、制止無視した選手が審判を2度小突き…MMAで起きた“逆ギレ失格”の実際の動画  初回だ。マウントをとったアルダルマキは、必死に逃れようとうつ伏せになったキリレンコの首を後ろからホールドした。キリレンコはたまらずタップ。レフェリーのマーク・ゴダード氏はストップをかけたが、アルダルマキは力を緩めない。無理やり腕を解くと、立ち上がったアルダルマキが怒ったようにレフェリーの胸を2度小突いた。  互いに胸ぐらをつかみ合い、最後はゴダード氏が何か怒鳴りつけ、関係者が制止に入っている。レフェリーに従わなかったことでアルダルマキは失格となった。この様子の動画を、英紙「ミラー」のジェームス・エドワーズ記者、コメンテーターや記事執筆などで格闘技メディアで活躍するマイケル・モーガン氏は、それぞれのツイッターに公開。すると、ファンからコメントが相次いでいる。 「愚か者」 「当然の失格だ」 「愚行を悟っただろう」 「ルールや安全なんて全く頭にないんだよ」 「相手とレフェリーに対して無礼極まりない」 「この男が追放か出場停止されることを願う」 「偉大なレフェリー」 「ショッキング……マーク・ゴダードは逆ギレに乗らず良かった」  UFCでもレフェリーを務めるベテランのゴダード氏は元ライトヘビー級の選手。アルダルマキと体格差はあるとはいえ、思い切って毅然と対応した姿に称賛の声もあるようだ。

THE ANSWER編集部

【関連記事】