Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【6月まとめ】『大人のお洒落コーデ集』 初夏の“楽パン”はどれにする!

配信

Safari Online

やっぱり楽パンは一度穿いたらやめられない。暑い季節になれば、より楽ちんであることが重要になってくるかと。とはいえ、そこは大人ですもの。やっぱりきちんと見えはマスト。じゃあ、リネン使いのパンツなら風合いが大人らしくてうってつけなんじゃない?

〈Easy pants Style 01〉

頑張りすぎないゆるっと感が 大人の余裕を醸し出す! きっと、ご近所で過ごすことの多くなるこの夏。リゾート地じゃないと気分が上がらない……なんて言わないで。ご近所でだってお洒落を楽しんで夏を満喫したい。で、今回提案するのが、リゾート調な雰囲気漂うこんなコーデ。ビーチサイドのバーなんかで穿くとサマになるようなリネン混の“紐パン”が主役。このゆるっと加減は、締めつけ感がなくて動きやすいから、きっと近所の散歩やビーチにもしっくりとハマって、浮くことはないはず。そんなパンツのゆるさを生かしたほうがいいと考えると、トップにも絶妙なゆるさが必須。ここでは、ふんわり感が魅力のニットパーカがそのゆるさを表現。ほら、これだけで小僧のスウェットシャツとはあきらかに違う雰囲気に。気を付けるべきポイントがあるとすると、シルエット。なぜって、フィットしすぎている細身タイプだと、せっかくの脱力感が台なしになるからね。それこそ、カラダにちょっと余裕のあるサイズ感を目指して。足元は、あまりにゆるくすることなく、街っぽい雰囲気も出るグラディエーターサンダルくらいがちょうどいい。こんな具合で合わせれば、リゾート感たっぷご近所コーデのできあがり!

アルパカカシミヤシルク混ニットパーカ13万1000円、コットンリネンイージーパンツ10万6000円、プリントTシャツ4万5000円、バッグ16万1000円、グラディエーターサンダル6万4000円(以上ランバン/コロネット)、サングラスはスタイリスト私物

〈Easy pants Style 02〉

グラデーションの作り方も ベージュ系は上から下に濃く! デートだからって、あまりにもキメすぎるのは女性に引かれてしまう原因に。だから、ラフであることは悪くない。むしろ、リラックス感のある雰囲気のほうが、彼女も安らぐかもね。で、考えたのがコチラ。柔らかなベージュ系のカラーを主役にしたコーデだ。落ち着きがあって大人っぽいのは見てのとおり。が、これがお洒落に見えているのにはもちろんコツがある。それが、グラデーションを作るってこと。まず、ベージュのTシャツにオフホワイトのGジャンを重ねてトップで柔らかさを演出したら、ボトムは渋い茶のパンツを合わせてコントラストを作る。こんなふうにシックな色のグラデを作る場合、下を重い色にすることで安定感が生まれるから、これはコーデのコツとして覚えておいたほうがいいかも。色に関しては、わかってもらえたと思うが、もうひと押し大人の優しさを見せるのであれば、茶のパンツはデニムやチノではなく、風合いを楽しめるリネンが最適。自然にできるリネンの味のあるシワも、大人の余裕といえる。あとは足元を楽ちんサンダルにすれば、街歩きも軽快!

【関連記事】