Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

帝京長岡が新潟県勢初の準決勝に挑む

配信

高校サッカードットコム

 4強が出揃った高校サッカー選手権において、唯一初のベスト4となったのが帝京長岡だ。昨冬のベスト8を経験した選手が多く残り、今年のチームは春先から前評判が高かった。インターハイこそ出場権を掴めなかったものの、プリンスリーグ北信越を制した力は本物だ。  右サイドで流動的に構える司令塔の谷内田哲平(3年/京都入団内定)と最前線でゴールを量産する晴山岬(3年/町田入団内定)の2枚看板は、分かっていても簡単に止められない。特に今大会4ゴールの晴山は狡猾なストライカー。裏への抜け出し、ゴール前への入り方、シュートレンジの広さ。どれをとっても一級品で、得点に対して貪欲な姿勢も相手にとっては厄介だ。周りを固める選手も逸材ばかり。ボランチに入る田中克幸(3年)はパスセンスに長けたレフティで、左サイドハーフに入る本田翔英(3年)や最前線の矢尾板岳斗(3年)は機動力に長けたアタッカー。彼らを支える守備陣もタレントを擁しており、CB吉田晴稀(3年/愛媛入団内定)やGK猪瀬優惟(3年)が軸となる最終ラインは手堅い。  今大会も安定した力を発揮している。3試合で9得点・0失点。初戦の熊本国府戦では3-0で快勝すると、続く3回戦では晴山のハットトリックなどで神戸広陵学園を5-0で下した。準々決勝の仙台育英戦では1点に止まったものの、守備陣がタフに守って無失点。「本当に苦しい試合で立ち上がりの1点を守り切れたので良かった」と古沢徹監督が振り返った通り、勝負強さを発揮して4強へと駒を進めた。  隙のない戦いぶりを見せている帝京長岡。だが、現状に満足していない。「自分たちがやろうとしているボールを動かすサッカーができなかった。でも、それは伸びしろ。準決勝までに良い準備をして、一番強い青森山田と戦いたい」とは古沢監督の言葉だ。青森山田はロングボールやセットプレーに強みを持つが、準々決勝で似たチームの仙台育英と対戦できたのもプラス。帝京長岡の下部組織である長岡JrユースFC時代から期待されてきた世代が、悲願の日本一をつかめるか。チームと新潟県の歴史を変えるべく、全力で王者に立ち向かう。

【関連記事】