Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

配偶者の実家の手土産平均2,698円、ECで送る場合は平均3,429円!コロナ禍の帰省の手土産どうする?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

withコロナとなる2020年の夏、移動を伴う帰省への心配はどうしても頭をよぎりますよね。新しい帰省の仕方として“オンライン帰省”にも注目が集まります。今年帰省を取りやめるとしても、毎年渡していた手土産はどうしようと迷われる方も多いのではないでしょうか。そこで株式会社ぐるなびが運営する「接待の手土産」が、帰省の手土産の実態を分析しています。 2020年夏の帰省もしくはオンライン帰省時の手土産についてご紹介していきますので、ご参考になさってください。

■新型コロナウイルス感染症予防の意識から、 2020年の夏は帰省を控える人が7割近く。オンライン帰省をしてみたいと思う人は約24%

今年は帰省をしないと決断をする人が既婚者全体の6割超にのぼりました。そのうち4割近くの人が、帰省をしない理由として「新型コロナウィルス感染症拡大の影響による自粛のため」と回答しました。そんな中、遠方の実家へ気持ちを寄せるアイデアとして、“オンライン帰省”を「してみたい」「機会があればしてみたい」と回答した人が合計で約24%となっています。

■帰省はしないが、自身や配偶者の実家へ帰省の手土産の代わりに贈り物をECで届ける予定のある人が約1割、平均額は3,429円

帰省しないと回答した人のうち、帰省の手土産の代わりに贈り物をECで購入して届ける予定のある人が約1割ほどいることがわかりました。平均額は3,429円となり、持参する場合よりも高めの予算を設定していることがわかります。 いつもは持参していた手土産。宅配便で届くことに抵抗はないのでしょうか? 「宅配便で帰省土産が届くことに抵抗はありますか?」と聞いたところ、宅配便で帰省土産が届くことに対し、「全く抵抗はない」「あまり抵抗はない」の合計で約6割が抵抗なしという結果が出ました。宅配便はwithコロナ時代に沿った贈り物の手段の1つとして認知される傾向にあるようです。 実際に宅配便で帰省土産を送った人の自由回答からは、直接手渡しする場合とは一味違う形で、サプライズ感がでると回答した人もいました。一方で、あらかじめ在宅確認を行うなど、受け取る側への負担をかけないことが大切なようです。 ・サプライズ感が出る。(40代男性) ・冷蔵などで地域の名産品を贈ることができて、直接伺わなくても喜ばれた。(50代男性) ・母が父の開封風景の動画を送ってくれ、喜んでくれた様子を記録として残すことができた。(20代女性) ・相手が受け取り時間に苦慮するようだった。(30代女性)

【関連記事】