Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アングル:コロナで中高年トランプ離れ、重要支持層に「黄信号」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ロイター

[ニューヨーク 9日 ロイター] - トランプ米大統領が2016年の選挙で勝利を果たした際に重要な支持基盤となった中高年層が、新型コロナウイルスのパンデミックとともにトランプ氏から離れつつあることが、ロイター/イプソスの世論調査データで明らかになった。 9月と10月のロイター/イプソス全国調査によると、55歳以上の有権者の大統領候補支持率はトランプ氏が46%、民主党のバイデン前副大統領が47%とほぼ拮抗。投票日まであと3週間となった今も、有権者全体の支持率でバイデン氏に水をあけられているトランプ氏の再選に暗雲が垂れ込めている。 共和党は何年も前から全米レベルの選挙で中高年の支持を頼りにしてきており、実際彼らの投票率の高さの恩恵に浴してきた。例えば16年の出口調査に基づくと、トランプ氏は55歳以上の得票率で13%ポイントのリードを奪い、12年の大統領選でも共和党候補のミット・ロムニー氏が同様の成績を残した。 ところが今回、有権者に占める中高年の割合が際立って大きい幾つかの激戦州を見ると、バイデン氏の支持率は16年当時の民主党候補ヒラリー・クリントン氏よりもずっと高い。例えば9月半ばと10月上旬に行った州単位の調査では、ウィスコンシンでバイデン氏の支持率がトランプ氏を10%ポイント上回ったほか、ペンシルベニア、ミシガン、フロリダ、アリゾナで両氏が互角の争いだった。4年前は、トランプ氏の得票率がこの全ての州でクリントン氏より10-29%ポイントも高かった状況が大きく変化した形だ。 こうした調査によると、これら5州の中高年有権者の半数は、米国内で新型コロナ感染者と死者が多数に上った責任について、トランプ氏の政治指導力のなさと政策判断のまずさにあるとの見方を示した。 アリゾナ州に住む共和党員で、16年にトランプ氏に投票したランディ・ロードさん(59)は、トランプ氏がコロナ予防のために消毒液を飲んではどうかなどと示唆したことに失望を隠さず、コロナに関して「現在発言しているようなことは本来言うべきでない」と批判する。ロードさんは、トランプ氏がオバマケア(医療保険改革法)廃止をうたいながら、それで困る人たちを放置しようとする姿勢にも懸念を示した。今回誰に投票するかまだ決めていないが、「彼には4年間、対策をまとめる時間があったのに何もしなかった」と憤まんやる方ない様子だ。 <挽回策が急務> 今週のロイター/イプソス全国調査では、トランプ氏の新型コロナ対応を支持しないと答えた人は全体の61%と、5月から12%ポイントも増加した一方、対応に肯定的な評価をした人の割合はロイターが調査を開始した3月上旬以降で最低を記録した。また高齢者の83%が、新型コロナが自分の健康や安全にもたらす脅威に不安を感じていると答えた。 共和党のストラテジスト、アレックス・コナント氏も「高齢者は若者よりも新型コロナに対する懸念がずっと大きい」と認める。 トランプ氏の選対陣営も手をこまねいているわけではなく、先週にはフロリダ州中部の保守的な退職者コミュニティー、ザ・ビレッジズにペンス副大統領を派遣。トランプ氏も8日、高齢者向けに動画メッセージを配信し、彼らを「世界中で最も大好きな人たち」と呼ぶとともに、新たな治療薬を無料で提供するという約束もした。 陣営側は、トランプ氏が昨年、メディケア(高齢者・障害者向け公的医療保険)の拡充を狙った大統領令に署名した点も強調する。広報担当者は「大統領と政権は引き続き、わが国の高齢者を含めた一番弱い立場の市民を守ることに専念している」と述べた。 バイデン氏も、特にアリゾナとフロリダで中高年に直接的な働き掛けを続けている。例えば同氏の陣営は、パンデミックのために孫に会えないフロリダ州の老夫婦というストーリーの広告や、社会保障を充当する給与税の廃止をトランプ氏がほのめかしていると力説する広告を展開中だ。 共和党側のコナント氏は、トランプ氏が中高年の支持を取り戻す方策を早急に見つけ出す必要があると指摘し、中高年有権者の強力な支持がなければ当選はおぼつかなくなる、と警鐘を鳴らした。 (Chris Kahn記者 James Oliphant記者)

【関連記事】