Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小玉ひかり、ワンマン配信ライブ決定&「いやになっちゃったときの唄」ミュージックビデオ公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
E-TALENTBANK

シンガーソングライターによるカバー動画ユニット「ぷらそにか」、オンラインアカペラサークル「WHITEBOX」のメンバーとしても知られる、シンガーソングライターの小玉ひかりが、自身で初となる単独での配信ライブを行う事を発表。10月25日(日)13時より無観客にて配信される。 これに先駆け、8月22日(金)に「いやになっちゃったときの唄」のMVを発表。この楽曲は当初小玉のピアノ弾き語り音源として発表され、音楽配信サイトeggsで数か月にわたりトップ10入りし、再生回数は10万回を超え、自身にとっても代表曲となった。 その楽曲を、元ぷらそにかメンバーであり、小玉と共に活動するユニット「POPiN’s」のキーボードボーカル高村風太がアレンジ。ミックスをサウンドクリエイターのイイジマケン(ガオカラボ)が担当した。 そしてポップな仕上がりとなったこの楽曲を、数多くのアーティストのライブフォトや、ミュージックビデオを手掛ける中磯ヨシオが映像化。 日々に苦悩するOLと不思議の国の住人の一人二役を演じ、小玉の新たな魅力を見せつける、キュートさ全開の作品に仕上がっている。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】