Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人種、ジェンダー…。世の中の問題を希望に転換したい。 写真家・兼子裕代がアメリカで“歌う人”を撮る理由

配信

ハフポスト日本版

アメリカに暮らす写真家の兼子裕代(かねこ・ひろよ)さんが、写真集『APPEALANCE (出現)』を発表した。 歌っている人を、撮る。そんな写真集だ。 街で、家の庭で、海で……世代や性別、人種の異なるさまざまな人が、思い思いの場所で、自分の歌いたい歌を歌っている。 「私は、彼らがそこに存在し、歌を歌い、世界と共鳴する瞬間を写真に留めたい一心でシャッターを押す」 兼子さんは、写真集の冒頭でそう綴る。 なぜ歌う人たちと、写真と撮ることで向き合おうと思ったのか。 40歳を前にアメリカに渡ったひとりの日本人が、世代や人種や性別を超えて、「歌声」に耳を傾け、言葉はなくても、レンズ越しにつながろうとする行為は、いま私たちが大切にしたい姿勢が詰まっていた。

40歳を前に、アメリカに渡った理由

――兼子さんは会社員も経験されて、日本で写真家として活動されてから、アメリカの大学院に進学されたんですね。 日本で学生をしていたときは映画ばっかり観て、仲間と8ミリ映画を撮ったりもしていました。会社員になってからも続けていたんですけど、だんだん集まるのが難しくなってきて、1人でやれる写真をやろうと。たまたま会社にも写真サークルがあったんです。 28歳の頃に会社を辞めて、イギリスに1年半ほどいて小さなアートスクールで写真を勉強して。日本に戻ってきて、アシスタントをしながら、写真家としての活動を始めました。 30代後半には、東京で作品を発表する機会が増えてきて、はたと「もっとちゃんと写真の勉強をしたい」と思ったんですね。 日本の写真学校や美大を卒業せずに写真界に入ってみると、なんとなく居心地の悪さを感じることも多くて、勉強をしたい気持ちと、逃げたい気持ちと、両方あったと思います。 それで、アメリカの大学院に行ったのが2002年。38、39才の頃でした。 それからずっと現地に住んでいます。最初は学生ビザで、それからアーティストビザを取って。2014年にグリーンカードが取れてからは就職活動をして、いまは写真を教えています。

【関連記事】