Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

満島真之介が俳優生活10周年 僕がポジティブな言葉を発信しつづける理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 俳優デビュー10周年を迎える満島真之介(31)だが、意外にも連続ドラマの主演は「カレーの唄。」(BS12 トゥエルビ、10日スタート)が初めて。初主演の意気込みと“現在地”を聞いた。  ◇  ◇  ◇ 「10周年はひとつの節目、今回の作品は新しい扉が開けたと思っています。もともと仕事とプライベートの垣根がないタイプなんですが、今の自分の感覚を大切にして演じることができました。自然体に近づけたのは、この10年で多くの監督やスタッフの方と出会い、助けていただいたからこそ。なかには天に昇ってしまい、もう会えない方もいますが、いただいてきた言葉を体現しなければならない時期に入ってきたのかなと感じています」  30歳で新しい事務所への移籍を発表。個人事務所で事実上の独立となったが、実感することがあるという。 「コミュニケーションの大切さです。家庭も仕事もコミュニケーションがなくなったところには未来がないですからね。30代のスタートを、何気ないことも意思疎通できるチームで動き出せたことが何よりの幸せ。独立から1年が経ち、今、人生で1番いい状態。これからますます面白い人生になりそうでワクワクしています」

「20代は毎日悩んでいた」

「カレーの唄。」では、世界を放浪する青年・天沢陽一郎を演じる。大好物のカレーを食べながら人生の先輩として、大学生たちの悩みを解決することが見どころのひとつ。役者になる前に日本一周の旅をしていた満島にはハマリ役だが、どんな20代だったのか。 「毎日悩んでましたよ。でもそれがあって今がある。経験や物事に対する喜怒哀楽の感情など、いずれも人それぞれですが、人生に意味のないことはひとつもない。自分で選択、行動し、失敗を知ることで次の道が開けました」  悩める若者たちへのアドバイスは? 「何をやるにしても、未経験より経験値があることに越したことはない。それに、憶測で物事を判断するほど滑稽なものはありません。一番大切なのは『分からない』と素直に言えること。そうすれば分かる人が教えてくれるし、新たな動きが生まれていきますよ」

【関連記事】