Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フォーミュラEバーチャルレースで替え玉。ダニエル・アプトの処分は重すぎる? ドライバー達から擁護の声「これは“ゲーム”だ」

配信

motorsport.com 日本版

 今、フォーミュラEのバーチャルレースでの出来事を巡って論争が起きている。フォーミュラEの公式バーチャルレースシリーズ『レース・アット・ホーム・チャレンジ』第5戦において、アウディのダニエル・アプトがプロのeスポーツ選手、ロレンズ・ホージングに自身の“替え玉”をさせていたことが発覚。最終的に3位でゴールしたアプト車(プレイしていたのはホージング)は失格となり、今後の同シリーズの出場停止と慈善団体への寄付が命じられた。 【動画】実はこれ、本人ではなかった……FEバーチャルレースで首位を争うアプト車  しかしそれだけでは終わらなかった。事態を重く見たアウディは、アプトをフォーミュラEにおいて出場停止処分とすることを発表。これにより、アプトはリアルレースでのシートを失うことになると見られている。  この処分については賛否が分かれている。DSテチータのジャン-エリック・ベルニュは、自身のソーシャルメディアでアウディの一連の対応を批判。次のように投稿していた。 「確かにこれは真剣に取り組むべきゲームだったけど、結局のところこれはゲームなんだ」 「では、(バーチャルレースで)故意にクラッシュするようなドライバーはどうなんだ? それは現実のレースだとライセンス剥奪となるような行為だ」 「そしてほとんどのドライバーが(バーチャルレースの中で)スポーツマンらしくない振る舞いをしている。僕のマシンをブレーキ代わりに使ったりね」  またジャガーのジェームス・カラドとベルニュのチームメイトであるアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、今後バーチャルレースに参加している様子をライブ配信しないことを示唆した。  ダ・コスタの投稿には「さよなら、Twitch。さよなら、生配信……僕は出ていくよ。もう会うことはないだろう」と綴られている。  ポルシェのGTドライバーであるローレンス・ヴァントールも、アプトを擁護するようなコメントを残した。 「これらは全て、人々を楽しませるためのショーとして始まった。しかし今では、複数のキャリアを犠牲にしている」 「ああ、確かにすべきこととそうでないことがある。中には受け入れられないこともあるだろう。ただ、これはどうなんだ?」 「バーチャルレースは日々の仕事とは違って、人々を楽しませるためのものだ。でも僕たちの日常を犠牲にするようなものになっている」

Matt Kew

【関連記事】