Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【RIZIN】原口健飛、大雅を3度倒すTKO勝利で再戦に決着

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

RIZIN FIGHTING FEDERATION 格闘技イベント『RIZIN.23』 2020年8月10日(月・祝)横浜・ぴあアリーナMM 【フォト】原口の強打で大雅がマットに沈む ▼第6試合 RIZINキックボクシングルール:3分3R(61.0kg) 〇原口健飛 (FASCINATE FIGHT TEAM) KO 1R 2分50秒 ※3ノックダウン ●大雅(TRY HARD GYM)  両者は18年9月にRIZINで対戦。これが両者のRIZINデビュー戦であったが、当時はまだキャリアの浅かった原口が1票を得てのドロー。しかし原口はそこから19年11月に国内トップ選手の森井洋介を降し、今年1月には秀樹を初回KOしてRISE王者となるなどトップファイターに成長した。対する大雅は昨年白鳥大珠との2戦で連敗となったが、熱闘を繰り広げている。1年11ヵ月ぶりの再戦で、原口がさらに勢いを増すのか、あるいは大雅が復活の舞台とするのか。  1R、原口は右ロー、右ミドル、右三日月蹴りと放って大雅を懐に入れさせない。大雅もしかしサウスポーから左ストレート、跳びヒザと繰り出し反撃。しかし原口は大雅がコーナーを背にしたところで踏み込み、左フックから右フックを繋いでとらえ大雅をダウンさせる。 ダメージの見られる大雅に原口はラッシュを掛け、右フックで2度目のダウンを奪取。さらに残り時間は少なかったが、冷静に再度のラッシュを掛け、今度は左フックで大雅をマットに沈めた。  勝利した原口は「今の僕は全然違うので、まぁ楽勝でした」と涼しい表情を見せる。大雅に対し「でもK-1王者の貫禄というかビビってしまう部分があったので、そこは強かったですね」と続け、「僕を倒せる人がおったらいつでも挑戦を受けるので、どの場所でもいいのでよろしくお願いします」とアピールしてリングを降りた。

【関連記事】