Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

会食規約違反を犯した選手たちはダメ!阪神はチームの指針を示すべきです/デーブ大久保コラム

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

(※ロッテ選手の感染が発覚した10月4日以前の情報の記事となります。ご了承ください。)  一気に7人もの新型コロナウイルス感染者が阪神から出てしまいました(その後2人のスタッフも感染)。まずプロ野球選手として、風邪を引くと体調管理がなっていない、と、とがめられます。しかし、インフルエンザは「仕方ない」となるのがプロ野球界の慣わしです。 トレード物語 28歳で現役引退も…巨人に移籍で光り輝いた長距離砲とは  なぜならインフルエンザは感染力が非常に強いウイルスで、気を付けてもかかってしまうことはあるんです。これは新型コロナウイルスも一緒です。その基準を用いると、今回の阪神の選手は「仕方ない」と言いたいところですが……。  個人的には、球団が決めた4人までの会食で感染した選手たちには「仕方ない」という言葉を送りたいですね。しかし、8人の会食をした選手たちは、内規違反です。いかなる処罰をも受けなければいけないと思います。プロ野球選手と言えども一般社会人ですから。  多分、この選手たちの中には「4人以上なのに大丈夫かなあ」と思いつつ、先輩の誘いを断れなかった選手もいると思います。一方で「8人でも大丈夫」と思っていたリーダー格の選手は、認識が甘かった。  この感染により、1日に19人の選手が入れ替えとなり、9人の選手が二軍から呼ばれました。一気に9人は、私のプロ野球人生の中で記憶にありません。一軍監督は頭が痛いと思いますよ。何せレギュラークラスが2週間の隔離と、その後復帰し、本調子になるのにさらに3週間かかる。復帰後ようやくレギュラー陣の調子が戻ってくるころにはシーズン終了という形になりますから。この緊急昇格した9人は、一軍経験がありますが、それでも二軍でくすぶっていた選手たちで、あてになりません。  いわば一軍半の戦力でAクラスを死守しなければいけない。これは至難の業です。ではどう戦っていったらいいのか──。私は、背広組の方たちが、戦い方をはっきり示せばいいだけだと思っています。例えば「こういう状況だから、若手を育てていく方向にシフトしながら、勝利を目指す」という感じです。  一軍半のチームで「勝て」という絶対的な命令をされても勝てるわけないですよ。プロ野球の一軍レベルはそこまで低いわけではないですからね。そういう指針をまず示して、戦っていくことが一番重要だと思います。  一方で声高に「勝て」と言えるようなチームは、一軍と二軍の風通しが良いと思います。今回昇格した9人の選手たちの課題を一、二軍で共有できているのかどうか、コミュニケーションができているのかどうか、がこの先の戦いで、ハッキリと分かると思います。もし、コミュニケーションが取れていないのでれば、ズルズルと負けが込むでしょう。  その意味では、この状況で球団の資質が問われていると思います。さてどういう方向性を見せるのか──。良ければいいし、一方で、資質が悪いことが露呈してしまうようであれば、逆にチーム改革をするのにいい機会になるかもしれません。 デーブ大久保チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCKa1VlSq1WwdSQWv4JFdgxg デーブ大久保ツイッター https://twitter.com/daveohkubo

週刊ベースボール

【関連記事】