Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本人の「有給休暇」取得率は19カ国で最下位…なぜ?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

仕事の効率を上げるための方法の1つとして、気分のリフレッシュが挙げられます。社員のリフレッシュ、そしてやる気アップのためにも会社は有給休暇を用意していますが、実際に有給休暇を上手に活用している人はどのくらいいるのでしょうか。 この記事のグラフを見る 今回は世界の大手総合旅行ブランドの1つであるエクスペディアが行った「有給休暇の国際比較調査2019」をもとにして、日本人の有給休暇に対する考え方を探っていきましょう。

日本人の有給取得日数、取得率ともに「最下位」

世界の大手総合旅行ブランドの1つであるエクスペディアが行った「有給休暇の国際比較調査」(調査対象: 日本・アメリカ・カナダ・メキシコ・ブラジル・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・香港・インド・マレーシア・シンガポール・韓国・タイ・台湾、サンプル数: 計1万1,217名(19ヶ国)、調査期間: 2019年10月22日~11月15日、調査方法: インターネットリサーチ、調査会社:Northstar)によると、日本の有給休暇取得日数は10日、取得率は50%となり、調査対象の世界19ヶ国の中で最も低い数値となったことがわかりました。 特に有休取得率50%という数値は、下から2位となったマレーシアとオーストラリアの70%と差が大きく、日本の有休取得率が低いことがうかがえます。 ※2019年4月1日から年5日の有給休暇の取得が義務付けられました。しかし今回の調査期間は2019年10月22日~11月15日です。義務化の開始日は2019年4月以降で各社の有給休暇付与日によって異なるため、今回の調査には大きく反映されていないと考えられます。

日本人が有休を取らない理由は?

なぜ日本人は有休を取らないのでしょうか。その理由としては「緊急のために取っておく」という回答が最も多く、次いで「人手不足」、そして「仕事をする気がないと思われたくない」が続きます。 会社での立場や他の社員に迷惑をかけられないという気遣いがある一方で、周りの目を気にする傾向があるようです。

【関連記事】

最終更新:
LIMO