Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

復活の鹿島がエヴェラウド&上田弾で4連勝達成!仙台は5戦未勝利《J1》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

9日、明治安田生命J1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で鹿島が勝利を収めた。 【動画】スピードこそ最大の武器!DF置き去りの独走ゴール Best3 前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦し、1-3で勝利した鹿島。3連勝と調子を上げる中、スタメンを2名変更。レオ・シルバ、和泉竜司が外れ、永木亮太、ファン・アラーノが起用された。 対する仙台はホームでガンバ大阪に1-4で敗戦。前節から2名を変更し、平岡康裕、蜂須賀孝治が外れ、シマオ・マテ、ジャーメイン良を起用。蜂須賀は試合前のウォーミングアップで負傷し、急遽メンバーから外れた。 試合は3連勝中の鹿島が先に決定機。9分、ハーフウェイライン付近で相手のパスを荒木がカットすると、ドリブルで持ち出しパス。これを受けた土居がボックス手前からシュートも、コースを狙ったシュートは右ポストに嫌われ、ゴールとはならない。 16分にも鹿島が決定機。またしても相手のパスをカットすると、土居からのスルーパスを受けたファン・アラーノがボックス右からクロス。ファーサイドでエヴェラウドがヘディングで合わせるが、タイミングが合わずにミートしない。 23分にはドリブルで持ち上がった永戸がボックス手前からクロス。これをファーサイドでエヴェラウドが合わせようとしたが、わずかに届かない。 仙台は攻め込むものの鹿島の落ち着いた守備の前にチャンスを作れず。すると29分には、鹿島がチャンス。永木のクロスをボックス中央でエヴェラウドが2人のDFに囲まれながらもヘッド。しかし、ヤクブ・スウォビィクがセーブする。 仙台は浮き球の処理をした際に吉野が負傷。31分にアクシデントで金正也と交代する。 仙台は35分にチャンス。右CKの流れからクロスが流れると、ボックス手前で西村がダイレクトシュート。鋭いシュートだったが、枠を外れていく。 鹿島は攻め込みながらもゴールが奪えないまま前半が終わるかと思われたが、アディショナルタイムに先制。小泉が土居とのパス交換から最後は荒木が浮き球のパス。これに走り込んだ小泉がGKヤクブ・スウォビィクの対応をよく見ると、落ち着いて浮き球のパス。これをエヴェラウドがヘディングで合わせて、鹿島が先制し前半を終える。 共に交代なしで迎えた後半、鹿島は48分にチャンス。ハーフウェイライン付近でこぼれ球を拾った荒木がドリブルを仕掛けると、ボックス手前まで持ち上がり自らシュート。ディフレクトしたボールが枠に飛ぶものの、GKヤクブ・スウォビィクがセーブする。 仙台は63分にチャンス。右サイドを仕掛けた真瀬がクロス。長沢に合わないものの、その後ろの関口が合わせにいくが、ファウルを取られシュートに行けない。 鹿島は左サイドに展開。永戸がグラウンダーのクロスを送ると、ディフレクトしたボールをファン・アラーノがボックス中央でダイレクトシュート。しかし、バウンドが合わずにシュートをふかしてしまう。 仙台は71分に3枚替え。兵藤、中原、石原を起用。すると72分にビッグチャンス。右サイドのスルーパスに出た兵藤がヘッド。シュートはクロスバーに嫌われるも、こぼれ球をフリーの長沢が頭で合わせるが、これも枠に嫌われてゴールとはならない。 鹿島は74分、永木からのクロスをファーサイドで和泉がヘッド。しかし、これがクロスバーにあたり、ゴールとはならない。 83分、自陣からの永戸のフィードを上田がトラップ。対峙した金正也を振り切り、ボックス内左から右足一閃。鋭いシュートがゴール右に決まり、鹿島がリードを2点に広げる。 2点ビハインドとなった仙台だが87分、右CKを獲得するとクロスボールが混戦に。最後は、長沢がこぼれ球を蹴り込み、仙台が1点を返す。 追いつきたい仙台だったが、その後は鹿島が落ち着いて時計を進めて試合終了。鹿島が2-1で勝利し、4連勝を達成。仙台は連敗で5試合未勝利となった。 鹿島アントラーズ 2-1 ベガルタ仙台 【鹿島】 エヴェラウド(前47) 上田綺世(後38) 【仙台】 長沢駿(後42)

超WORLDサッカー!

【関連記事】