Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型アウディS6&S7が9月15日に発売! 48Vマイルドハイブリッド搭載で走りと環境性能を両立

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

450馬力を発揮する2.9リッターV6ターボエンジンを搭載

 アウディ ジャパンは、プレミアムセダン&ワゴン「A6/A6アバント」、プレミアム4ドアクーペ「A7スポーツバック」をベースに、スポーティさを追求したS6/S6アバント、S7スポーツバックを9月15日(火)より発売する。 【写真】スタイリッシュさも際立つアウディS7スポーツバックの走行シーン  Sシリーズは、ベースモデルよりもパワフルながら燃費などの環境性能も追求したエンジンと、アウディの代名詞ともいえる4WDシステム「クワトロ」を組み合わせたアウディのスポーツモデルシリーズだ。  3モデル共通となるパワートレインは、最高出力450馬力、最大トルク600Nmを発揮する2.9リッターV6ターボエンジンを搭載。組み合わせるトランスミッションは8速ティプトロニック、駆動方式はもちろんクワトロ(4WD)だ。  パワフルさはもちろんながら、48Vリチウムイオンバッテリーとベルトオルタネータースターターを組み合わせており、省燃費にも貢献するという新世代のエンジンとなっている。また、ターボチャージャーのほかに電動コンプレッサーも搭載。これにより、エンジンが低回転の際もターボラグのない、スムースな加速を味わうことが可能だ。  シャシーは、Sモデル専用に設定されたアダプティブエアサスペンションを採用。オプション設定されるリヤスポーツディファレンシャルと組み合わせることで、スポーツカー顔負けのダイナミックな走りを堪能することができる。  エクステリアデザインは、最新のアウディのデザイン言語を表現した、スポーティさと高級感を両立させたスタイリングを実現。Sシリーズ専用デザインとなる前後バンパーのほか、4本出しエキゾーストや大径アルミホイールなどが走りを際立たせたモデルであることを主張する。  インテリアはブラックを基調とした洗練されたデザインに。バルコナレザーを用いた、Sのロゴがデザインされたスポーツシートのほか、マット仕上げのアルミニウム製デコラティブパネルなどを装備している。  もちろん、最先端のデジタル技術や安全技術を標準装備。10.1インチ&8.6インチというふたつのタッチディスプレイを採用するインフォテイメントシステムを採用する。また、アダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストなどを統合したアダプティブドライビングアシスタントをはじめとした先進の運転支援システムを備えている。 各車のメーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。 アウディS6 1303万円 アウディS6アバント 1339万円 アウディS7スポーツバック 1374万円

WEB CARTOP

【関連記事】