Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マクラーレンとガルフ・オイルが再タッグ。F1および市販車部門で提携

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 マクラーレンがガルフ・オイルと新たなパートナーシップ契約を結んだことを発表した。契約はF1およびスーパーカーに関するもので、期間は複数年だということだ。 マクラーレンとガルフ・オイルがパートナーシップ契約を発表(マクラーレン・テクノロジーセンター)  両者は1968年から1973年末まで提携しており、F1およびCan-Amシリーズで数々の勝利を収めた。1990年代にはル・マン24時間レースでもタッグを組み、ガルフカラーのマクラーレンF1 GTRを走らせている。  7月28日、マクラーレンとガルフ・オイル・インターナショナルLtdは、複数年の戦略的パートナーシップを結んだことを発表した。2021年からガルフはマクラーレン・オートモーティブの潤滑油優先サプライヤーとなる。また、2020年F1イギリスGPからシーズンを通して、マクラーレンF1チームのドライバーおよびスタッフのウエア、マシンのエンジンカバーおよびウイングミラーに、ガルフのロゴが飾られるということだ。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】