Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中田翔が“甲子園中止“を受けて率直な想いを吐露。「そこを目指して頑張ってるのに…」と球児に寄り添う

配信

THE DIGEST

 5月20日、夏の甲子園の中止が決定したことを受け、北海道日本ハムファイターズの中田翔が、その想いをインスタグラム(@shonakata_official)に綴った。 【画像】夏の甲子園中止を受け、中田が綴った想いはこちら  中田は「甲子園中止か。。色んな人達が楽しみにしてたのにな。高校球児みんなそこを目指して頑張ってるのに。。甲子園は毎回個人的にも楽しみにしてるだけに残念」(原文まま)とコメントし、大阪桐蔭高時代の自身の写真を添えて投稿した。  もちろん、本人も止むを得ない決断だとは理解しているだろう。ただ、高校球児たちの無念さを想うと……。今回の投稿からは、そんな中田の心境がにじみ出ているようだ。  この投稿をチェックしたファンからは「今回の甲子園中止は心が痛みました」「ショックで言葉が出ない」「ほんま残念ですね」「このご時世なので仕方ありませんが、もどかしいですね」「コロナが憎いです」などと悲しみの声が数多く寄せられた。  新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、スポーツイベントは中止や延期を余儀なくされ、学生スポーツでは全国高校総合体育大会(インターハイ)や全国中学校体育大会(全中)の中止が、すでに発表されている。まずは、コロナの早期終息をただ祈るばかりだ。 構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】