Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐藤紳哉七段、斎藤明日斗四段を下し1日2勝 二次予選進出へあと1勝/将棋・朝日杯

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の朝日杯将棋オープン戦一次予選が7月22日に行われ、佐藤紳哉七段(42)が斎藤明日斗四段(22)に82手で勝利、一次予選決勝進出を決めた。 【動画】朝日杯 他の対局  午後2時からの対局に勝利していた佐藤伸七段は、午後7時からの同日2局目に。居玉のまま攻めてくる斎藤四段に対して持ち時間がない中でも適切な対応を続けると、徐々に形勢は有利、優勢に。攻めの手番が回ってきたところでも慌てず、じっくりリードを拡大すると、粘る斎藤四段の攻め手を潰し続けて勝利をもぎ取った。 ◆朝日杯将棋オープン戦 持ち時間40分の早指し棋戦。一次予選、二次予選を勝ち抜いた棋士が、シード棋士を含めた計16人で本戦トーナメントを戦う。参加は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人で優勝賞金は750万円。2017年度、2018年度に藤井聡太七段が2連覇している棋戦としても知られている。

【関連記事】