Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

武則天~中国史上、ただひとりの女帝【中国歴史夜話】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文/砂原浩太朗(小説家) わが国では推古天皇にはじまる女帝が何人か存在したし、海外でもエリザベス1世やエカチェリーナ2世など、名高い女性統治者がすぐに思い浮かぶ。が、中国では3000年以上におよぶ歴史のなかで、女帝はたったひとり。それが武則天(ぶそくてん。または則天武后)である。名はご存じの方も多いと思うが、どのような人物かと聞かれれば、答えにつまってしまうのではないだろうか。唯一無二の女傑、その生涯を追う。

見そめられた尼僧

中国史上、屈指の名君といわれる唐の太宗(李世民。598~649)が没して数年後のこと。息子である第3代皇帝・高宗(李治)が、都・長安(現・西安)のさる寺に参拝した。ここで彼は、ひとりの女人を見そめる。父の後宮につかえたものの子をなさなかったため、その死とともに出家し、この寺に暮らしていた尼僧だった。彼女こそ本稿の主人公・武照(ぶしょう)、のち武則天と呼ばれる人物である。たちまち魅せられた高宗は、武照を還俗させ、みずからの後宮へ迎え入れる。 というのが表向きのストーリーだが、くだんの寺は名刹というわけでもなく、ときの皇帝がわざわざ訪れるのも不自然。太宗の生前からふたりに何らかのつながりがあったとする見方が主流である。皇太子時代、高宗は父が起居する寝殿のすぐそばに住まいを与えられていたから、後宮の女性を目にとめる機会は多かったと思われる。肉体的なものかどうかはともかく、交流が生まれたとしてもふしぎはない。当時の慣習で出家させられた武照に、いずれ寺から呼び戻してやるという約束を与えていたのではなかろうか。

商人の娘から皇后へ

武照の父はもと材木商だったが、隋末の動乱期に太宗やその父と知り合い、刺史(州の長官)にまで取り立てられていた。その縁で彼女も後宮に入り、武媚(ぶび)という名を与えられたが、位はひくく太宗にさほどの寵を受けた形跡もない。数多いる女人のひとりにすぎなかったのだろう。が、高宗はよほど惚れこんでいたらしい。王皇后ふくめ何人もの女がそばにあり、すでに子もなしていたが、還俗させた武照への寵愛は深まる一方だった。 そんな折、彼女が生んだばかりの女児が突然の死を遂げる。それも、王皇后が訪問した直後というタイミングだった。当然、嫉妬にかられた皇后が赤ん坊を殺したという風聞が立つ。が、じつは武照本人がわが子を殺し、皇后が疑われるよう仕向けたのだという。 これはれっきとした史書に記されている話だが、にわかには信じがたい気もする。中国では女性の権力者を好まぬ風潮が濃く、唐朝を中断させた(後述)武照への風当たりは強かった。史家たちのなかにも彼女をおとしめようという気もちがあったことは確かである。史実の誇張ないし歪曲もありうるが、 武照にかけられた疑惑を打ち消すための材料は残されていない。ここでは、そういう説が流布していると記すにとどめたい。 ただ、彼女がわが子の死をたくみに利用し、皇后を追い詰めようとしたことは事実。高宗も風聞を信じ、王氏を廃して武照を皇后に据えようと考えた。重臣たちはこぞって反対したものの、最終的には高宗が決断、ついに武照は皇后の位を手に入れる。これは655年のことであり、後宮に返り咲いて3年ほどしか経っていない。彼女の生年にはいくつか説があるが、本稿ではもっとも有力とされる628年説を採る。それに基づけば、このとき彼女は28歳。ふつうなら、これが女性としての最高位となるが、武照の物語はまだまだつづいてゆくのである。

【関連記事】