Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<濱田岳>西田敏行、広瀬アリス、満島ひかり……俳優人生で“刺激を受けた役者たち”を語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 テレビ東京の連続ドラマ「ドラマパラビ『働かざる者たち』」(水曜深夜0時58分)で主演を務める俳優の濱田岳さん。ドラマは、サレンダー橋本さんの同名マンガが原作。濱田さん扮(ふん)する主人公・橋田一が、勤労意欲ド底辺の“働かざる者たち”を通して自分の働き方や生き方を模索していくヒューマンコメディーだ。取材に応じた濱田さんは、本作の撮影や、9歳から始まった芸能生活の中で“刺激を受けた役者たち”について大いに語ってくれた。 【写真特集】ズボンの丈が何か気になる? 濱田岳の全身ショット! 称賛したコメディエンヌとは…

 ◇初共演の柳沢慎吾に衝撃「あんなにパブリックイメージを破らない人は初めて」

 ドラマについて「社会派の側面もあるんですけど、かなりコメディー」という濱田さん。「橋田は、いろいろワケあって働かなくなってしまったおじさんたちと出会って、自分の人生がブレていきます。それをきっかけに自分を見つめ直したり、仕事って何なんだろうと改めて考える。コメディー寄りの作品ではあるんですけど、橋田はそんなことを真面目に考えている。真面目に考えている様が滑稽(こっけい)に見える。指をさして笑えるくらいみっともなく映っているかなと思います」と明かす。

 幼い頃から芸能界で活動していた濱田さんは、「アルバイトをしたり会社に勤めたりした経験がない」といい、「いわゆる社会に出た人の葛藤は、僕にとっては新鮮で面白く感じました。橋田君の目線でそういうことを体感できたのも、前向きな楽しい経験でした。この世界観が、遊園地のような楽しさのように感じられて、撮影は毎日楽しかったです」と振り返る。

 本作で橋田を振り回す“働かないおじさん”を演じるのは、梶原善さんや矢柴俊博さん、甲本雅裕さん、浜野謙太さんなど名だたるバイプレイヤーたち。濱田さんは「空手の百人組手のように」ぶつかり合ったと振り返り、「1人働かないおじさんをやっつけたと思ったら、また次の働かないおじさんがやってくる。一役者としてとても幸せな時間でした」と述べた。

【関連記事】