Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

扇の要は安定しているか? セ・リーグ6球団「捕手」事情

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

読売ジャイアンツ

 開幕3戦目でのアクシデントで原辰徳監督も腹を決めたのかもしれない。6月19日の阪神との開幕戦で先発マスクをかぶり、エース・菅野智之をリードして勝利(球団通算6000勝)に貢献した小林誠司が、21日の同カードで死球を受けて骨折。長期にわたる離脱を余儀なくされた。昨季同様、この小林と炭谷銀仁朗、大城卓三の3捕手併用がメーンとなると考えられてきたが、代わりに打撃に優れる大城が出場機会を増やすことに。9月27日時点では捕手陣最多の48試合に先発出場。打率.311、8本塁打、32打点の打撃面もさることながら、開幕から11連勝中の菅野とのコンビで守備面でも急成長を遂げている。大城をバックアップする経験豊富な炭谷(先発マスクは29試合)の存在もあり、ここにきて小林も戦列復帰。他球団がうらやむ陣容である。

阪神タイガース

 リーグを代表する捕手が梅野隆太郎だ。2年連続ゴールデン・グラブ賞捕手で、9月28日現在、今季の盗塁阻止率はリーグ2位の.424を誇る。昨季は捕手のシーズン日本記録となる123補殺をマークするなど、阪神の正捕手は揺るぎない。開幕当初は首脳陣の方針から、坂本誠志郎や原口文仁との併用が続いたが、チームは不振に。梅野が正捕手として起用されてから、チームも安定した戦いぶりを見せていた。しかし、9月18日に右腹斜筋の筋挫傷のため登録を抹消。現在もリハビリを続けている。その間、坂本や原口がスタメンマスクを被り奮闘している。

横浜DeNAベイスターズ

 伊藤光が正捕手として幕を開けたシーズンだったが、7月末にラミレス監督は「リード面」と「失点の多さ」を理由に登録を抹消。その後は戸柱恭孝を中心に、嶺井博希、高城俊人がマスクをかぶっている。戸柱はリード面での貢献が大きく、今季ブレークした大貫晋一、平良拳太郎らの飛躍を支えた。伊藤光は抹消直後のファーム戦で左足肉離れの負傷。現在は実戦に復帰しており、後半戦の一軍復帰に期待が掛かる。いずれにせよ、正捕手の突然の離脱がチームに与えた影響は小さくなく、今季DeNAが低迷した原因の一つに挙げられるだろう。

【関連記事】