Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元天才子役のマコーレー・カルキン、『ホーム・アローン』マスクで世間を和ませる【SPURセレブ通信】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

2020年10月7日(現地時間)、『ホーム・アローン』シリーズなどで知られるマコーレー・カルキン(40)が、インスタグラムを更新。自身の若き日をプリントしたマスクを着用した姿を公開し、ファンたちを和ませた。 【写真】30年ぶり!? 『ホーム・アローン』の絶叫シーンをマスクで再現したマコーレー・カルキン インスタグラムに投稿された写真を見て、すぐにピンときた人も多いはず。マコーレーが身につけたマスクは、大ヒット映画『ホーム・アローン』で演じたケビン・マカリスターが絶叫する口元と手をプリントしたもの! ケビンの絶叫顔はDVDのカバーにもフィーチャーされており、映画を代表する名シーン。 さらに、マコーレーの背景にはレゴのエンパイア・ステート・ビルが写っており、どうやら空港で迷子になったケビンがひとりでニューヨークを訪れる『ホーム・アローン2』をイメージして配置したものだと思われる。 そんな写真に「若い頃の自分の皮膚を身につけて感染予防中。キッズのみんな、マスクをつけるのを忘れないで」と添えて、子どもたちにマスク着用を呼びかけたマコーレー。 『ホーム・アローン』公開から30年が経っているが、さすが本人の写真とだけあって鼻や口、手の位置までピッタリで、違和感ゼロ! マコーレーというよりも、30年後のケビンとしか思えぬ似合いっぷりに、同作のファンから喜びの声が続出した。 ちなみにマコーレーは、8月26日に40歳になったばかり。誕生日当日には「みんな、歳を取ったと感じたい? 僕は40歳だよ。どういたしまして」とツイート。 さらに「みんなに歳を取ったと感じさせることが、僕から世界へのギフトだ。僕はもう子どもじゃない」と続け、世界中の『ホーム・アローン』ファンに年月の流れを実感させたことが話題に。 そうした自虐ネタを繰り出し、人々を笑わせる一方、俳優として2021年に放送予定の人気ドラマシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン10に出演することが決定。子役として一世を風靡したマコーレーの演技力は、どのように進化しているのか!? 熱い注目が寄せられそうだ。 Photo:Aflo

【関連記事】