Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

甲子園経験のDeNA山崎・嶺井 「球児思うとつらい」

配信

カナロコ by 神奈川新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今夏の全国高校野球選手権大会と地方大会の中止が正式決定した。大きな目標を諦めざるを得ない球児たちの無念を察し、ベイスターズの選手からも悲痛な声が上がった。 部活指導者の「殺すぞ」 恐怖心と痛み、暴力はなぜ  山崎は「高校球児の皆さんのことを考えるとつらい」と球団広報を通してコメントした。  自身は帝京高(東東京)で2年夏、3年春と甲子園に2度出場。プロ志望届を提出するも指名は掛からなかった。進学先の亜大で成長を遂げ、今や球界屈指の守護神に上り詰めた。  その上で「簡単にコメントできることではないが、ここまで頑張ってきたことは決して無駄にはならない。この先の長い人生、将来に向けて前を向いてほしい」とエールを送る。  亜大で山崎の1学年先輩だった嶺井は、沖縄尚学高2年春に全国制覇を経験した。「僕自身も甲子園を目指して日々頑張っていた。中止が決まり、とても残念だし、高校球児の気持ちを考えると正直つらい気持ちになる」とおもんぱかり、「この先の長い将来に向けて、前を向いて日々頑張ってほしい」と結んだ。

神奈川新聞社

【関連記事】