Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Red Velvet、話題曲「Psycho」を日本初披露&ユニットステージも!<a-nation online 2020>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

夏の風物詩として、これまで610 万人を動員してきた国内最大級の音楽フェス「a-nation」。19回目を迎える今年は、コロナ禍により史上初となるオンライン・フェス「a-nation online 2020」として、8月29日に、Blue Stage、Green Stage、Yellow Stageという3ステージの有料チャンネル、そして、Purple Stage、White Stageという2ステージの無料チャンネルという計 5 ステージにて開催された。 【写真を見る】MCでは全員日本語で話してくれたRed Velvet ■ 話題の最新曲を日本初披露! オンライン・フェスという特徴を生かし、アジア各国のステージを結び、グローバルに活躍するアーティストたちも多数参加した今回。韓国からは、アイリーン、スルギ、ウェンディ、ジョイ、イェリからなる5人組ガールズグループRed Velvetが登場(残念ながらウェンディは、ケガの療養中のため欠席)し、日本初パフォーマンスの新曲や最強のサマーソングで夏フェスらしいステージを見せた。 オープニングを飾ったのは、今夏に初のグループ内ユニットとしてデビューしたセンターのアイリーンとグループきっての実力派パフォーマー・スルギによるRed Velvet - IRENE & SEULGI。今、話題のふたりのステージが見られるのはうれしい。 さまざまなジャンルがうまく融合されている「Monster」は、彼女たちの多様性が具現化された曲。クモをモチーフとしたユニークな振り付けや、白と黒のコントラストが効いた衣装も、Red Velvetは一味違ったモードな印象を与える。 VTRを挟んで、全身黒の衣装に身を包んだ4人が登場。強烈で魅惑的な赤(レッド)のように、そして、女性らしく柔らいベルベットのように、独自のカラーと洗練された音楽とパフォーマンスで全世界を魅了するという2面性を表現しているRed Velvetらしく、3度目の出演となる今年のa-nationでは、スタイリッシュな曲と、爽やかなサマーソングという対照的な構成の楽曲を披露してくれた。 ユニットからRed Velvet本体として全員そろって最初に歌ったのは、日本初パフォーマンスとなる韓国最新曲「Psycho」。イェリが「クールなRed Velvetが楽しめるスペシャルなステージ」と言っていたが、メインボーカルのウェンディに代わり、スルギがアドリブパート含め見事な歌声を聴かせた。 ■ スルギ「ユニットステージもお見せできてうれしい」 「初のオンラインライブは新鮮ですね。世界の皆さん、ちゃんと見えてますかー?」とファンに呼びかけてトークを盛り上げるアイリーンをはじめ、MCはすべて日本語で。オープニングを飾った「Monster」を歌ったスルギは、「ユニットステージもa-nationでお見せできてうれしいです」と笑顔を見せると、初披露となった「Psycho」の感想を「いかがでしたか?」とファンに問いかけたアイリーンに対して「カッコいいでーす!」と応えるかわいらしさも見せた。 MCの後は、2018年に米ビルボードの「The 20 Best K-pop Songs of 2018: Critics' Picks」にも選ばれた人気曲「Bad Boy」で一気にRed Velvetの世界を作り上げたあとは、水泳をモチーフにした夏曲「Umpah Umpah」で夏らしさ満開に。 そして最後は、代表曲「Red Flavor」を披露。「私が一番好きなのは、夏の味 私が一番好きなのは、夏のあなた」と歌うサマーチューンだ。元気でかわいらしいこの曲は、これまでのムードをまたガラリと変える。ラストはひとりずつのキュートさはじけるアップで締めくくられた。 昨年は、2度目となるコンサートツアー「REDMARE」を開催。初のアリーナツアーで計4万人を動員したが、今年はウェンディのケガとコロナの影響で日本活動ができなかった中、久々に見ることができたRed Velvet。約20分という短い時間ながら、さまざまなスタイルで魅了してくれた。 【Red Velvet セットリスト】 1. Monster (Red Velvet - IRENE & SEULGI) 2. Psycho -MC- 3. Bad Boy 4. Umpah Umpah -MC- 5. Red Flavor(ザテレビジョン・取材・文=坂本ゆかり)

【関連記事】