Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安倍首相、本当は憲法に興味ないの? 調査会で発言1回、先輩改憲派の奥野誠亮氏は23回

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 1980年8月27日の衆院法務委員会。自民党のタカ派で知られた当時法相の奥野誠亮氏(故人)が「いまの憲法は占領軍の指示に基づいて制定されたものだ。国民の間から、自分たちで憲法を作ろうじゃないかという気持ちが出てくることは望ましい」などと述べ、9条の改憲に言及した。「私の所見」と断っての発言だったが、野党は「閣僚らに憲法尊重擁護の義務を課している憲法99条に違反する」と批判し、国会が紛糾した。 敗戦と占領を体験した元官僚として  政府見解では、憲法96条に改正手続きが定められているので、改憲を議論したり、研究したりすることは憲法尊重擁護の義務に反しないとしていたが、当時首相の鈴木善幸氏(故人)は同年10月9日の衆院予算委員会で「法相の憲法改正に関する発言は適切を欠き、遺憾だ。鈴木内閣は憲法を尊重擁護し、改正の意思はない」と表明して事態の収拾を図る。   それでも奥野氏は、81年2月17日の衆院予算委員会で「違憲論がある結果、自衛隊の士気に悪い影響を及ぼしている」と9条改憲に関する発言を続け、鈴木氏から「(改憲しないことが)どうしても政治家の信念として相いれないのであれば、内閣から去っていただく」とくぎを刺された。 

 2000年に憲法調査会が新設されると、奥野氏は「ようやく自由に憲法の議論ができるようになったことは、大変な前進だと喜んでいる」(同年4月27日の衆院憲法調査会)と歓迎した。同年8月3日の衆院憲法調査会では、政府の一員(内務官僚)として、敗戦と連合国軍総司令部(GHQ)による占領を体験した者として「今の憲法が押し付けとか、押し付けでないとかいう議論はナンセンス。総司令部がつくったと言った方が率直でいい」との見方を示し「独立国らしい議論をしながら、独立国にふさわしい憲法をつくり上げたらいいんじゃないか」と語った。国会議事録のデータベースで検索したところ、奥野氏の衆院憲法調査会での発言は、少なくとも23回に上った。  国民投票法審議の特別委や憲法審査会では発言なし  奥野氏と同様、安倍晋三首相も「自衛隊の士気」を理由として、9条の改憲などを主張している。しかし、奥野氏とは違い、衆院憲法調査会で発言したのは2000年5月11日の1回だけだ(後継機関に当たる衆院憲法審査会の事務局調べ)。議事録によると、自民党の衛藤晟一議員の代わりに出席し「米国のニューディーラーと言われる人たちの手によってできた憲法を、私たちが最高法として抱いているということが、日本人の精神に悪い影響を及ぼしている」「9条のいかんにかかわらず、集団的自衛権は、権利はあるし行使もできる」などと述べている。安倍首相は国民投票法を審議した憲法調査特別委員会や07年から置かれている憲法審査会では1回も発言していない。 

【関連記事】

最終更新:
47NEWS