Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本人指導者の欧州挑戦に朗報?ベルギーで画期的な監督人事とは。

配信

Number Web

 海の向こうで、画期的な監督人事が行なわれた。  6月5日、ベルギーリーグ1部のシント・トロイデンVV(STVV)が、テクニカル・アドバイザーを務めていたオーストラリア人のケヴィン・マスカットの監督就任を発表したのだ。 【秘蔵写真】松木安太郎のヤンチャそうな現役時代にロン毛の長谷部&本田や12歳のバルサ久保。ニコニコ話す俊輔&中田英寿、ギラつくカズや川口…日本サッカー伝説の40人。  日本サッカー界とは一見、なんの関係もないように思えるこのニュース。しかし、実はこれ、日本人監督の可能性を大きく高める出来事なのだ。  なぜ、オーストラリア人監督の去就が、日本人監督の未来に関係するのか――。  1989年にオーストラリアでプロキャリアをスタートさせたマスカットは、'96年からイギリスに渡ってクリスタル・パレスやグラスゴー・レンジャーズなどで10年間プレーしたのち、母国に戻って2012年にスパイクを置いた。  その後、古巣のメルボルン・ビクトリーのコーチに就任するのだが、このとき監督を務めていたのが、現在横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルー監督だった。

“アンジェの右腕”を立石CEOが招聘。

 ポステコグルー監督が'13年10月にオーストラリア代表監督に選ばれると、後任としてメルボルン・ビクトリーを率いてリーグ優勝を達成し、アジア・チャンピオンズリーグには'14年、'16年、'18年、'19年と4度出場した。  そんな指揮官の手腕に注目したのが、STVVの立石敬之CEOだった。20年1月、マスカットをテクニカル・アドバイザーとして招聘するのだ。 「メルボルンで彼は本田圭佑やデル・ピエロとも一緒に仕事をしています。非常に攻撃的なサッカーをやっていて良い監督だなと。アンジェの影響も受けていると思います。だから、もともとは監督をやってもらいたかったんです」  STVVは19年11月にマーク・ブライス監督を解任した。12月は元コーチが暫定的に指揮を執り、20年1月に新監督を招聘。だが、その人物はスロベニア人のミロス・コスティッチで、立石CEOが見込んだマスカットはテクニカル・アドバイザーに就く。

【関連記事】