Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神矢野監督と審判の口論 セ統括が関係者に聞き取り「意図した会話ではない」と結論

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 26日のヤクルト戦(神宮)で外部からの情報伝達疑惑を指摘された阪神・矢野燿大監督が審判団と口論に発展した問題で、セ・リーグ杵渕和秀統括は27日、阪神や関係者に聞き取りを行ったことを明かした。 【写真】審判団に猛反論する矢野監督  問題の場面があったのは七回表。本塁クロスプレーの判定を巡るリプレー検証中、次打者近本と井上コーチが記者席にいた報道陣とコンタクトをとったように見え、審判団が情報伝達の疑惑を持った。そしてこれを八回表に矢野監督に指摘、疑われるような行動をしないよう通達。これに矢野監督が反論し、試合が約6分も中断する騒動に発展した。  杵渕統括は阪神や当該記者などに聞き取り、状況を整理。バックネット下、グラウンドレベルにある記者席の窓からセーフかアウトか声が聞こえ、これに近本が「反応したんだろう」と説明した。本来、閉まっているはずの窓がコロナの影響で開いていたことなどに触れ、「記者さんと接見してお聞きしたんで分かりましたけど、彼もそういう伝達『セーフだったですよ』とか、そういうつもりもなかった。意図した会話とかそういうことではないということで、確認をさせてもらった」とした。  そして、「昨日の当該審判も、タイガースがそれによってサイン盗みをしているとか、あらぬあれをしているとか、そういうことはね、全くないわけなのですよ」と強調。「昨日も矢野監督から言い寄って『これで終わりにしましょうね』と終わっているので。私と審判長もNPBとしてのケジメということで今日、改めてお話させて頂いた。今日、これで終わりということにさせて頂ければと思います」とした。  一夜明けた27日の試合開始直前には、メンバー交換の際に責任審判の森審判が脱帽し、両監督に頭を下げた。杵渕統括は「(試合が)スムーズに流れなかったというところをお詫びしました。お詫びというのはどちらが良い、悪いとかではなくて、審判のやり取りを通じて試合があれだけ止まった」と、謝罪の理由も説明した。

【関連記事】